西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

西洋占星術におけるクワオアーの意味とは?あなたの人生の行方

投稿日:2017年3月31日 更新日:

クワオアー(50000 Quaoar)は、将来的に準惑星(冥王星型天体)に分類される可能性がある太陽系外縁天体のひとつです。エッジワース・カイパーベルトに位置し、太陽の周りをほぼ円軌道で公転しています。エッジワース・カイパーベルトは海王星よりももっと外側にある、天体が密集した場所です。2002年6月4日にカリフォリニア工科大学の天文学者チャドウィック・トルヒージョとマイケル・ブラウンによって、サミュエル・オシン望遠鏡で撮影された画像からクワオアーは発見されました。

クワオアーの特徴

クワオアーは直径約1100キロメートルで、太陽からおよそ60億キロメートル離れており、約290年周期で公転しています。平均密度は高く岩石と氷の混合物から構成されていると考えられています。クワオアーの密度が高いのは、一般的な外縁天体とは異なり、氷をほとんど含んでいないこと示しています。アルベド(天体の太陽光の反射率)はかなり低いと推定されますが、これは表面から氷がほとんど失われていることを示しています。

クワオアーの氷について

2004年にクワオアーの表面に水の結晶の存在が確認されました。これは最近1000万年以内に表面温度がマイナス160度以上に上昇したことを示しています。元々はマイナス220度の温度がなぜそこまで上昇したのか、いくつかの推測が行われています。小天体の衝突によって温度が上がった、中心核に含まれる放射性元素が壊れたことによって、氷火山現象がおきているため、などと考えられています。

クワオアーの衛星

2006年2月にハッブル望遠鏡によって撮影された写真から、クワオアーの衛星が発見されました。この衛星はウェイウォットと名付けられました。クワオアーが他の天体からの衝突を受け、その時に生じた破片から形成されたと考えられています。ウェイウォットの名前はトングヴァ族の神話に登場する、創造神クワオアーの息子、ウェイウォットに由来しています。

クワオアーの名前の由来

クワオアーの名前はロサンゼルス周辺のアメリカ先住民であるトングヴァ族に伝わる神話の、歌と踊りで神々と生物を作った創世神クワオアーにちなんで名付けられました。これは国際天文学連合の規則にある「海王星よりも充分遠くにあり、太陽系の寿命と同程度に充分長い安定的な軌道を持つ天体には創世神話に関連した名前を付ける」に従ったからです。

クワオアーと冥王星

2006年に冥王星が惑星から準惑星に格下げとなりましたが、クワオアーの発見が、このことに影響を与えたとも言えます。当時から既にクワオアーを含むある程度の大きさを持つ外縁天体が10個ほどは存在するかもしれないと天文学者たちの間で考えられていたため、冥王星は果たして惑星に分類するべきなのだろうか、という議論が持ち上がったのです。クワオアーに続き、さらに大きなセドナ、冥王星よりも直径の大きなエリスも発見され、ついに惑星定義の見直しがされることになったのです。結局冥王星他3つの天体が準惑星に分類されることとなったのです。クワオアーは今後の観測によっては準惑星として認められる可能性があるとされています。

クワオアーの西洋占星術における意味

西洋占星術においてクワオアーは「試み」という意味を持ち、出生時にどの位置にあったかで「人生での試み」を占うことができます。また、「形にする」「ダイナミックな動きと変化」「可能性の現実化」を示すこともあります。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.