西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

惑星と星

金星・火星で知る恋愛相性

投稿日:2017年11月25日 更新日:

星占いでの恋愛相性

恋の相性占いといえば、星占いの花形のテーマの一つではないでしょうか。
西洋占星術で恋愛の相性を見る場合、ポイントになってくるのは、愛の星である金星と、行動の星である火星です。
たとえ太陽星座での相性はそれほどよくないのに、不思議と惹かれ合うという場合、金星星座・火星星座の相性がキーとなっていることが多いです。今回の記事では、そんな金星星座と火星星座から、恋愛相性について考えていきます。

金星星座・火星星座それぞれからわかること

それぞれの特徴をまとめると

・金星星座 → 愛し方・愛する人の前にいる時の態度・異性の持つムードで気になるところ
・火星星座 → 行動パターン・対象への向かい方・異性への愛情表現

と言うことができます。
たとえば金星星座が牡羊座なら、恋心は隠さず、人の前でも堂々と愛情表現をしたりされたりしたいタイプです。金星が蠍座なら、表立ったアプローチはせず、態度や表情、ムードで好意を表現されると心が惹かれるでしょう。
火星は行動パターンやスタイルなので、たとえば火星星座が双子座の場合、離れていてもまめにメールや電話など連絡をするタイプですし、デートにも様々な場所に出かけたいタイプです。火星が魚座の場合は、相手主体にして自分は受け身でいることが多いので、引っ張りたいタイプと一緒にいると良いでしょう。

このように、各星座の持つ性質が、金星や火星の領域で現れることになります。
太陽星座との組み合わせによっては、普段は大人しい人が恋愛になると大胆になったり、また普段は元気な人が恋愛になると奥ゆかしくなったりし、ギャップを生んでいる場合もあるでしょう。

金星星座・火星星座の相性がいい場合

お互いの金星星座・火星星座いずれかの中に
・同じサインや同じエレメント(火・大地・風・水のグループ)がある場合、スムーズに恋愛関係になりやすいでしょう。
特に、金星星座と火星星座が同じサインであったりすると、運命的なくらいに惹かれ合い、あっと言う間に恋愛関係になっていることもめずらしくありません。
逆に、金星・火星星座の相性がスムーズでないと、お互いに愛情があってもアプローチの方法や愛情表現が異なるので、気持ちの疎通がうまくいかなかったり、ちぐはぐになりやすいでしょう。
そんな時はどうか金星星座や火星星座からお相手の愛情表現の方法を知り、相手の気持ちを知る手がかりにしてください。

月星座も重要に

恋愛関係が発展してお付き合いをする場合は、月星座の相性も重要になってきます。月星座は、無意識の部分や生理的反応を司る領域なので、長く時間を一緒に過ごす関係になると、月星座の相性によってお互いの居心地のよしあしが左右されるからです。
また、太陽星座が同じエレメントの場合、生きていく上でのモットーが一致しやすいので、お互いの人生を理解し合いはげまし合える良いパートナーになれるでしょう。

 金星と火星からそれぞれのギフトを受けとって

それぞれの人によって、その中に様々な魅力や愛情の形が詰まっているということ。人によって愛情の形やその伝え方が違うということは、恋愛において難しさも生みますが、その違いこそ素敵な化学反応になるものかもしれません。どうぞ金星星座と火星星座から読み取れる傾向で、自分がどんな相手に惹かれ、お相手がどんな愛情表現をするか、その参考にしていただければ幸いです。

西洋占星術  西洋占星術

-惑星と星

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.