西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

惑星と星

女性の分身 金星について

投稿日:2017年6月29日 更新日:

宵の明星、明けの明星

金星は自ら光っているわけではありませんが、地球から見ると、どの星よりも明るく輝いて見える星です。
金星は「一番星」「宵の明星」「明けの明星」などという名で、日本でも古来より親しまれています。
金星は地球の隣、地球より内側の軌道を公転している惑星です。
金星は太陽に近いため、常に太陽のそばに見えます。
昼間は太陽の光で金星は見えませんが、日没直後や夜明け前に、太陽近くに(夕方なら西、明け方なら東)に見えます。
地球の自転により、金星も東から西へ日周運動をします。
夕方の金星・宵の明星は西に現れ、早く沈みます。明け方の金星・明けの明星は、東に現れるが、日の出で見えなくなってしまいます。金星は内惑星のため、真夜中に観測することはできません。

女性にとっての金星の大切さ

美しく輝く金星は、愛と美を司る象徴とされました。金星はラテン語や英語ではビーナス、愛の女神の名前が付けられています。
愛欲、恋愛、エロスの力、美的感覚や芸術的才能を人間に与える星です。異性を惹きつける魅力、本人の愛の対象も示します。
また平和、和合のための親和力や協調性、バランス感覚なども司る星です。
ホロスコープ上で金星の影響が良く出ると、幸運や恋愛に恵まれやすく、社交的、芸術的な楽しみも多くなるとされます。
金星・ビーナスは、女性にとって特に大切な星となります。まさしく自分の分身のような星と言えます。
愛し方、好きなものや、女性にとって精神的に充実するためには何が大切かといった暗示を、金星は女性に対して示してくれます。心地よさや豊かさ、それと密接に関係している「お金」も、金星が管轄しています。

恋愛・結婚運は金星に注目

占星術で占いたいことのトップ項目に、人間関係の悩み、恋愛運、結婚運が必ず入ります。
金星がもたらす特別な影響力の代表は、ずばり「人気運」です。
人気運と一言で言っても、傑出した才能、ずば抜けた美しさで人を惹きつけるような「人気運」は、最大の吉星・木星の担当となっています。
独自の雰囲気や人柄で人を魅了するような「人気運」は、金星が受け持つとされています。
金星は親和する天体であり、多くの人々の共感を呼びさますよう働きます。人の心にやさしく寄り添う、絶妙な心地良さをもたらすのが金星なのです。
取り立てて美しかったり、優秀だったりするわけではないのに、なぜか人気者で、みんなから好かれるというタイプはどこにでもいますよね。そういうタイプの人のホロスコープは、金星がホロスコープ上で、強い存在感を持っていると考えられます。
さらに金星と月が同位置(合 コンジャンクション)にあったり、メジャーアスペクトを持っていたりすると、モテ運がさらに高まります。
大衆的な人気、それこそ人気商売である芸能人並みの人気運を持つ人には、金星と月がさらに強力に影響し合うホロスコープを持っている人が多いようです。
すてきな恋愛がしたい、結婚がしたい、モテるにはどうしたらいい?と悩む女性の皆さんは、金星にまず注目してみてください!

西洋占星術  西洋占星術

-惑星と星

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.