西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

星座占い

12星座の基本性質 射手座

投稿日:

射手座の基本データ

男性星座 / 柔軟宮 / 火のグループ
射手座のテーマは 「I see」 ( 私は理解する ) です。

射手座の性質

射手座のシンボルである矢の先は、まだ見ぬ世界、まだ見ぬ理想を目指し、射手座にとってはこの世界のすべてに財宝が隠されています。
射手座は「自由」を求める星座だとよく言われますが、その自由とは何かというと、人間や、この世に生まれた存在としての「尊厳」という風に言えます。火のグループである射手座は誇り高く、その火によって人々を感化し、人々を導く性質を持っています。一見おおらかで無頓着に見えることすらある射手座ですが、人の尊厳が傷つけられるような行いや態度には断固として許せず、人々の理想や立場、感じ方の自由のために戦います。

射手座は精神世界に生きているので、物質的なことに対しての関心は薄く、衣食住がおどろくほどシンプルであったり、他の人が築こうと奮闘するような社会的立場にも、ほとんど関心がありません。むしろ、持ち物や肩書きが多いと行動が制限されることを嫌がるため、自ら遠ざける場合さえあります。
熱中したり没頭したりしているうちに結果がともなってくることが多く、研究職や、映画監督、ミュージシャンなどのアーティストにも多いです。また燃えるような精神性の高さがあるので、作家や俳優など、人の心を動かす仕事にも向いています。行動力があり動きを求めるので、単調な仕事には向かず、成果も出せませんし、フリーランスの立場を選ぶ場合も多いかもしれません。しかし、自分が本当に良いと思った仕事しかしないため、一度属した組織や企業では、驚くほどのポテンシャルで仕事に当たるでしょう。

射手座のサインである ケンタウロス=半人半馬 が表すように、射手座には動物的な本能と、複雑な知性とが共存しています。
パッと物事や人の本質を見抜く聡明さと、物事を実行する時に見せる大胆で繊細なひらめきや、人に対しての思いやりがあり、その様が言いようもなく魅力的で人を惹きつけます。
一見飄々として見えるようですが、その中には常に深い哲学的な疑問があり、世界の広さや人の素晴らしさを通して、その哲学の答えを導き、他の人々に伝えるという使命があります。その哲学的な疑問というのは、例えるなら「人はどうして生きるのか」「何を得るのが幸福なのか」といったような非常に根本的なものであり、誰しもが胸の中に一度は抱くそのような問いを、絶えず本気で心の底から抱き続けているところがあります。

射手座の恋愛とコミュニケーション

射手座は大きな世界に生きているので、人に対しても寛大で、自身が失敗をしてもわははと笑えるような無邪気さがあり、その懐の広さに誰しもが救われるムードがあります。フランクなので、友達や知り合いも多いでしょう。また相手の懐に飛び込んだり、相手を懐に入れるのも上手な面があるので、恋にも縁が多いかもしれません。しかしいつも自分の目指すことに熱中しているので、友達であっても、つかまりにくい時もあります。それでもその無邪気や素直差が憎めず、愛されるでしょう。
スケールが大きいので、約束はすぐに果たされることはないかもしれませんが、一度交わした約束はずっと覚えているので数年後にいきなり叶えるなどして、相手を驚かすこともあります。
縛られるのが苦手で、恋人であってもいつもべったり一緒にいるより、それぞれがパフォーマンスを発揮できる活動をしているべきだという考えの持ち主です。けれど実はとても深い愛情の持ち主で、相手のことを深く思いやったり、掛け値なしの優しさを見せる面もあります。
たとえ離れていても、お互いがお互いのことを誇りに思えるような、真のパートナーに出会えると射手座の人生はより豊かになるでしょう。

西洋占星術  西洋占星術

-星座占い

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.