西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

星座占い

12星座が立ち止まる時 前編

投稿日:

12星座のそれぞれがふと歩みを止める時

私たちの誰しもが、歩みを止めて、立ち止まって自分はこれでいいのだろうかと、考える時があると思います。そんな場面に、12星座の観点から、それぞれの星座に向けて背中を押すようなメッセージをお送りしたいと思います。
12星座それぞれの性質から考えても、その良いところと弱点になりうるところは表と裏で、時には説明がつかなかったり、自分でもなぜそうなるのかよくわからないことも多いのではないでしょうか。
前編である今回は、牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座・獅子座・乙女座の立ち止まる時についてお話します。

牡羊座の場合

自分の思ったことを感じた通りに伝えるというのは、勇気のいることです。時に、ひどく傷つくことでもあります。けれども牡羊座の人は、その生き方を選ばずにはいられません。そしてその真っ直ぐな姿勢こそ、牡羊座の人の魅力でもあります。そんな牡羊座の人は傷つくことも多いかもしれませんが、あなたの純粋さに救われ、応援している人がたくさんいるでしょう。

牡牛座の場合

牡牛座の人にとって、変化することは非常に決断のいることです。一度変わってしまうと、自分がもうそこには振り向かず、ただひたすら前に進むことをよくわかっているからです。けれどもご自分がよくわかっているように、牡牛座のあなたはその場所にいた時間を、いつまでも体感として、自分の変わらない一部として感じることが出来ます。きっとあなたが出会うべきものは、まだこの世界に沢山待っています。

双子座の場合

いつも陽気に振る舞う双子座の人にとって、自分が悲しい、落ち込んでいる気分というのは人に知られたくないものです。自分や相手にとって良いフィーリングを保っていたく、ブルーな気分に取り込まれたくないため、自分でも見ないふりをするかもしれません。しかし時には、悲しい時は悲しい、と言っていいのです。あなたの周りの人は、あなたのそんな健気さにも気づいていることでしょう。

蟹座の場合

蟹座の人は上昇志向も強く、自分の取り掛かる仕事に対してのこだわりも強いです。けれどそんな蟹座の人が1番求めているのは、安心感でしょう。愛し愛されているという、シンプルであたたかな安心感は、あたなにとって最大の味方であるはずです。愛する対象には素直なあなたです、どうぞ存分に、愛し愛される人生を送ってください。

獅子座の場合

獅子座の人は、誰でも自分の中に玉座を持っています。何か心が乱れること、落ち着いて考えたいことが起きた時は、いつでもその玉座に座り一人で考え込むでしょう。けれど、王は人々の中にあってこそ、真の王になり得ます。あなたが自分の玉座を離れて、みんなの中で自分の持てる力を発揮しようとした時、あなたは本当に自分が望む存在になるでしょう。

乙女座の場合

デリケートな乙女座は、自分の思っていること、素直に感じていることを、人に知られることがとても恥ずかしく感じる時があります。そのため何でもないようなふりをしたり、全く思ってもないことを照れ隠しにしたりすることもあるでしょう。けれど、本来は誰よりもあたたかなヒューマニティに溢れるあなたです。その素敵な魅力を、惜しまず誰かと分かち合ってください。

 自分の良い特徴に目を向けて

人は、自分の中のある性質が引き金となって、ふと考えたくなって立ち止まったり、またその変わらぬ性質により、希望を得て歩き出すのではないでしょうか。12星座の持つそれぞれの個性が、素晴らしい形で発揮されますようにこの記事を参考にしていただければ幸いです。

西洋占星術  西洋占星術

-星座占い

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.