西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

神話から知る12星座 射手座・山羊座

投稿日:2017年11月23日 更新日:

12星座をギリシャ神話から読み解く

12星座のサインの由来となったギリシャ神話をご紹介しながら、それぞれの性質について読み解いていきます。今回ご紹介するのは、射手座・山羊座の神話です。

射手座の神話

上半身は人間、下半身は馬の姿の、ケンタウルスという種族がおりました。中でもケイローンというケンタウルスは、弓の名手であり、医術・音楽・哲学など様々な学問に優れていたため、皆から敬われていました。神々や人間の英雄も、多く彼に教わり、師と仰ぎました。ヘラクレスも、その1人でした。
とそろがある日、ヘラクレスが射た矢が誤って、ケイローンの膝に刺さってしまったのです。その矢じりには、猛毒であるヒドラの毒が塗ってあったため、ケイローンはひどく苦しみました。けれど、父クロノスから神の血をひくケイローンは、不死身の肉体であるため死ぬことはありません。
そうしてとうとうケイローンは神々の王ゼウスに、自分の死を願い入れました。ゼウスはその願いを聞き入れることにしたものの、皆が彼の死を惜しみ、ケイローンは天に星座としてその姿を輝かせることになりました。

 神話から知る射手座の性質

この様に、射手座の象徴であるケイローンは、肉体的な死という、究極の体験をしています。そうまでして射手座が手に入れたかったものは、不老不死の肉体に縛られない、純粋な魂としての尊厳であったといえます。この神話からわかるように、射手座は底抜けに明るいところがありますが、その中には、一度ケイローンが肉体の死という壮絶な深淵を見たように、深い哲学が流れています。
また、半人半馬であるケイローンの姿が象徴しているように、射手座の中には大胆な野生の心と博識で知性溢れる心が同居しており、また射手座を魅力的にさせています。

山羊座の神話

牧神であるパーンは、上半身は人間で、下半身は山羊、頭にはツノと尖がった耳、山羊の髭をたくわえていました。葦の笛で自分の作った音楽を吹きながら、森や谷を駆け巡ったり、川べりでニンフたちと追いかけ合ったりして、陽気に過ごしていました。
ある時、オリンポスの神々がナイル河のほとりで宴を催していました。パーンも、ご自慢の笛を吹き、皆を楽しませます。
その時突然、恐ろしい怪物のテュホンが現れました。驚いた神々は皆、動物に姿を変え逃げ出しました。パーンは魚に姿を変え、ナイル河に逃げようとしました。しかしあまりに慌てていたため、下半身だけ魚の姿に、上半身は山羊の姿のままと、中途半端な姿になってしまったのです。それを見た神々はたいそう面白がり、この出来事を記念して、その姿を天の星座にしたそうです。

神話から知る山羊座の性質

この神話からわかるように、山羊座は人々のために貢献しようと努める星座です。また半人半獣であるパーンの姿が象徴しているように、山羊座には、冷静な知性と、野生的なまでの強靭なバイタリティ、粘り強さが持って与えられています。
パーンの滑稽な姿が星座にされたことが象徴しているように、山羊座の人は、本来愛嬌があるのですが、自己評価が低いところがあり、常に自分を成長させねばと思っています。たまには自分を労わり、認めてあげる時間が必要でしょう。

12星座を神話から紐解いて

今回ご紹介した射手座・山羊座のサインは、それぞれ半人半獣の姿であり、その神話のエピソードも大胆さと繊細さを含んでいます。どうぞ他の星座の神話も、合わせてご覧いただけると幸いです。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.