西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

惑星と星

西洋占星術で2017年のホロスコープを読み解く

投稿日:

西洋占星術は、生年月日・生まれた時間・生まれた場所から出すホロスコープを使って占います。生まれた瞬間の惑星の配置と、その人の運勢や気質がリンクするという考えのもとに作成されているのです。現在運行中の惑星の図を合わせると、未来を読み取ることが可能になります。2017年はどんな動きをして、どんなエネルギーを与えてくれるのでしょうか。星の力を味方にすると、手に入れたい人生が本当はどんなものかを知ることができます。その結果、望む道へ進んでいくことが可能になります。

木星の動きと天王星の影響

木星は拡大と発展の星です。現在天秤座にありますが、10月10日に蠍座に移動します。ホロスコープの活動宮(牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座)の13度あたりから、不動宮(牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座)の16度までに惑星ががあれば、木星の影響を受けやすくなります。拡大と発展の星であると同時に、社会でどんなことを認められたいかもわかります。木星と天王星が、緩んだりタイトになったりしながら180度の位置を持ち続け、10月後半には、木星は蠍座へ移動します。天王星は、人生をより良い方向に向かわせる、独自の道を歩むことを求める気持ちを高めさせます。独自の道といっても、常識はずれなことをするのではなく、自分の想いに素直に、物事を選択することを求めるのです。本当にほしいものは何か、やりたいことは何か、ひとつひとつ選択することで、独自の道を作っていくのです。

土星の動き

土星は、成長・成功し、使命を生きるために必要な忍耐を与えてくれる星で、現在は射手座を運行しています。柔軟宮(双子座・乙女座・射手座・魚座)に惑星を持つ人は、この影響を受けやすいでしょう。射手座を運行していた土星は、年末には本来の場所である、山羊座へと戻っていきます。山羊座の土星は、今までの経験を財産に人生の柱を作ります。
2017年は、その土星の総決算の年と言えるでしょう。29年前、どんな経験をしたでしょうか。その後、約7年ごとにあった見直しの時期にはどんな変化を体験したでしょうか。人と同じことが良いのではなく、何が自分にとって大切なのかを見つけることです。

海王星の動き

海王星は、重なる惑星が持っている質に、創造的・スピリチュアル的要素をもたらします。1月に火星と海王星が重なり、その後、10月にはちょうど180度の位置まで移動します。直感を信じて行動するということが、賭けのように感じる人もいるかもしれませんが、どれだけ調べたり準備をしても結果が完全にわかるわけではありません。大きな決断ほど直感が頼りになりますので、普段から理屈や損得ではなく、直感で決めてみると良いでしょう。また、想像は想像のままであり、現実は変わりません。想像したものを現実の世界で作り上げると、その人らしさが表れてくるのです。常識の枠を外し、越えていくことで自分らしい表現ができるようになります。

冥王星の動き

冥王星は、重なる惑星が持つ質に、極限までの力を与えるので、物事の見方や観点が変わってきます。4月と8月に、木星と冥王星は重なります。この時期は、社会に認められていくことを応援してくれる時期です。また、人生観が変化して、欲しいと思うものや手に入れたいと思うことが、変わる可能性が出てきます。2017年の惑星の動きを知り、慌てずに人生を作り上げていきましょう。

西洋占星術  西洋占星術

-惑星と星

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.