西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

惑星と星

春の星座コップ座とはどのような星座

投稿日:2017年4月2日 更新日:

コップ座が見やすい時期とは

コップ座は古くからあり、プトレマイオス48星座の1つで比較的明るさも暗めの星座ですが、春の空に輝く星座で探し方によっては見つけやすい星座です。見つけ方として春の大曲線で繋げていくとコップ座にたどり着きます。春の大曲線は北斗七星の柄からカーブに沿って延ばしていき、うしかい座のアークトゥルス・おとめ座のスピカと延ばしていくとからす座にたどり着きます。からす座にたどり着いたら西隣にあるのがコップ座です。コップ座の星並びは一般的なコップではなく取っ手のある杯のような形をした星並びをしていて、しているうみへび座の尾部分に位置しています。

コップ座の恒星にはどのような星が

コップ座の恒星としてアルファ星のアルケスがあり、アルケスはコップ座で2番目に明るい4等星でオレンジ色の巨星です。アルケスはアラビア語でワインを入れるためのカップから由来されています。アルファ星の以外にもコップ座で1番明るい恒星であるデルタ星の橙色巨星や、固有名のない恒星がいくつも存在しています。

コップ座に関連すると言われている神話

コップ座に関連する直接的な神話はないのですが、様々な諸説があると言われています。その1つに豊穣と酒の神ディオニュソスが持っていた杯という説や、男神アポロンのゴブレットだったと言う説もあります。ディオニュソスはぶどう栽培の技術を身に付け神性を認めてもらう為に各地を放浪していました。その際、アテネに滞在するとアテナイ近くの村で農夫イオカリオスもてなしを受けます。イオカリオスのもてなしに感謝したディオニュソスは、お礼にぶどうの栽培方法とワインの作り方を教えました。

イオカリオスは作ったワインを村の人達に振る舞いますが、ワインを飲んだ村の人達は酒の酔いが理解できず、イオカリオスに毒を盛られたと思い込みイオカリオスを殺害してしまいます。父イオカリオスの亡骸をみた娘のエリゴネは悲しみのあまり自殺してしまいました。父娘の悲劇を知ったディオニュソスは怒り村の娘達を狂気に狂い自ら死んでいき、ワインが毒ではないと知った村人達はイオカリオスとエリゴネを自分達の手で供養するとディオニュソスは怒りを静めたとされます。

コップ座に関連したとされるディオニュソスの神話

ディオニュソスは酒の神としての神話があり、ディオニュソスは海辺に座って笛を楽しんでいると海賊がやってきてディオニュソスは捕まってしまいます。海賊は持ち物を強奪しようとディオニュソスを船のマストに縛りつけてますが、何度縛ってみても緩まってしまいます。その内、海賊の1人であるカトールがディオニュソスの神性に気づき助け出そうとしたのですが、海賊船にワインが満ちてきてぶどうの蔦が絡みつきぶどうの実がたわわになりました。ディオニュソスはライオンに変身して熊を召喚すると驚いた海賊は海に飛び込みました。

助けようとしたカトールだけ助かり、カトールはディオニュソスの神性に惹かれ信者になったとされています。海に飛び込んだカトール以外の海賊は手足はひれに変わり、体には鱗のないつるつるになると魚のようになります。この変身した姿が後のイルカと言われています。

西洋占星術  西洋占星術

-惑星と星

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.