西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

惑星と星

春の星座であるからす座とは

投稿日:2017年4月1日 更新日:

からす座を見つける方法とは

からす座は現代の88星座の1つでプトレマイオス48星座の1つでもあります。春の季節に見ることができる星座で見つける方法としては南の空に低く見えます。最初に北斗七星を見つけたら、ひしゃくの柄のようになっている先端部分からカーブに沿って延ばしていきます。

延ばしていったら赤く輝く星に見えてきます。この赤い星がうしかい座の恒星であるアークトゥルスで、さらに延ばしていくと青白く輝く星にたどり着きます。青白い星はおとめ座の恒星スピカになります。スピカから少し延ばした所に少しゆがんだような台形のようになっているのものがからす座です。

からす座が関連する恒星

からす座を構成している星として3等星の恒星から成り立っていますが、4等星のアルファ星アルキバはアラビア語でテントと意味する恒星やガンマ星の3等星ギェナーが存在しており、現在の星図絵には左翼のからすが描かれていますが元々はからすの右翼という意味から由来されていると言われています。また、からす座にはギェナー以外にも固有名のない恒星が複数確認されています。

春の大曲線とからす座について

春の星座には恒星を繋ぐことによってできる春の大三角や春のダイヤモンドと呼ばれるものがあります。じつはこの2つ以外にもからす座が変わっているものがあり、北斗七星の柄になっているところからカーブに沿ってうしかい座のアークトゥルス・おとめ座のスピカ・からす座まで繋げると春の大曲線が出来上がります。春の大曲線や春の大三角・春のダイヤモンドを恒星で繋げてみることによって様々な春の星座を見つけることができるようになります。

 

からす座の銀河とは

からす座の銀河にはNGC4038とNGC4039触角銀河が観測されており、2つの銀河にはアンテナ銀河やリングテール銀河と呼ばれる銀河が確認されています。このアンテナ銀河はハートのような形をした銀河になっていて、2つの銀河が衝突することによって成り立っている銀河とされています。

からす座に関連した神話とは

からす座も神話に関する話があり、ギリシャ神話に出てくるからすは男神アポロンの使いで黄金色または白色の羽を持つ綺麗なからすでした。このからすは言葉を喋ることができる能力を持っていました。アポロンにはコロニスと言う恋人がいて毎日会うことができなかった為からすに使いを頼み言葉のやりとりをしていました。ある時からすはアポロンにコロニスが別の男と会っていると嘘の情報と報告しました。この話はからすの作った嘘の話だったのですが、怒ったアポロンは現場へ行き人影めがけて弓矢を放ちます。放った矢が刺したのは恋人のコロニスで、実際は男もいませんでした。コロニスは息を引き取る際にアポロンにお腹の子どもを育てて欲しいと告げて息を引き取りました。

嘘の情報を伝えたからすは罰として真っ黒な羽に変わり人の言葉を喋ることができないようにして天に追放された後星座になったとされています。またアポロンとの間にできたコロニスの子どもはアポロンがケンタウルスの賢者ケイロンに養育をお願いし成長した後天に上がった後医神アスクレピオスなりへびつかい座になったとされています。

西洋占星術  西洋占星術

-惑星と星

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.