西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

惑星と星

春の代表的な星座であるしし座黄道12星座とは

投稿日:2017年3月29日 更新日:

しし座黄道12星座はどのような星座

しし座は日本の星座における春を代表する星座で黄道12星座の1つでもあります。また、2世紀の天文学者プトレマイオスが作ったと言われている現代の星座の原型でもあるプトレマイオス48星座の中にもしし座は記されています。

しし座の恒星は春の大三角と関わっている

しし座は春の夜空に見ることができる星座ですが、春の夜空を彩る春の大三角にもしし座の恒星が関わっています。2等星のしし座ベータ星デネボラと、共に1等星であるうしかい座アルファ星アークトゥルス・おとめ座アルファ星スピカを繋ぐと大きな三角形ができ、春の大三角と呼ばれています。また、春の大三角に3等星でりょうけん座のアルファ星コル・カロリを加えてひし型にすることによって、春のダイヤモンドという愛称で呼ばれるようになっています。

しし座を観測するには

春の星座は他の季節の星座に比べると目立たないものが多いのですが、しし座は見つけやすい星座と言われています。探すポイントして春の大三角を目印にするのがオススメで、春の大三角は明るい1等星と2等星の恒星からなっている為明るいのが特徴です。

もう1つの特徴として?マークを裏返したような形を見つけたら?マークのようなものの1番下にしし座の1等星であるアルファ星レグルスがあります。この?マークのような星並びが鎌の形に似ていることから、ししの大鎌とも呼ばれています。ししの大鎌はライオンの頭から胸の部分にあたる所で、春の大三角の1つでもある恒星デネボラはライオンの尻尾とされており、この2ヶ所を見つけることができたらしし座を観測しやすくなります。

しし座に関連した銀河

しし座には明るい銀河が多く存在しており、その中でもM65渦巻銀河・M66棒渦巻銀河・NGC3628非棒渦巻銀河という3つの銀河からしし座の三つ子銀河と呼ばれているものがあります。しし座の三つ子銀河以外にもM95やM96銀河だったり、M105楕円銀河などがしし座の銀河として存在しています。

天体ショーの1つにもなっているしし座流星群

しし座に関連する天体の1つにしし座流星群があります。メディアなどでも報道されることの多い天体ショーとして知られていますが、別名レオニードやレオニズと呼ばれることもあるようです。しし座を放射点とした流星群ですが、正確に言うとしし座の恒星で2等星のガンマ星アルギエバの付近を放射点としていて、別名しし座ガンマ流星群とも呼ばれています。

流星群には流星物質を生み出している母天体と呼ばれるものが存在しており、テンペル・タットル彗星が母天体としてされています。しし座は春の星座ですが、しし座流星群の場合毎年11月中旬頃に出現見られると言われていますが通常の流星群以外にも大きく出現する年もあるようです。

しし座にまつわる神話とは

ギリシャ神話に出てくるしし座に関連する話として、ネメアの谷に住んでいるライオンが由来とされています。ネメアのライオンは人や家畜を襲う村人から恐れられていました。このライオンの皮は鉄よりも硬い皮膚を持ち、皮膚の下には甲羅のような筋肉があったとされています。ライオンの話がエリウステウス王の耳に入りヘラクレスに退治することを命令しました。

ヘラクレスがネメアのライオンに矢やこん棒で攻撃をしましたが、全くダメージを負うことがなくヘラクレスに襲い掛かってきました。ヘラクレスは素手でライオンを抑えると3日間かけてライオンの首を絞め続けて退治しました。後にネメアのライオンの魂がゼウスによって星座になったとされています。一説によれば女神ヘラが星座にしたとも言われています。

西洋占星術  西洋占星術

-惑星と星

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.