西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

惑星と星

夏の星座てんびん座黄道12星座とは

投稿日:2017年3月31日 更新日:

黄道12星座の由来

てんびん座は黄道12星座の1つでプトレマイオス48星座の1つでもあります。1等星の星ではなく主に2等星や3等星の星で構成されている星座です。

てんびん座に関する恒星

てんびん座の恒星として二重星になっているアラビア語で南の爪を意味するアルファ星のズベン・エル・ゲヌビと同じく北の爪を意味を持つズベン・エス・カマリ・シグマ星のブラキウムなどがあります。また、ズベン・エル・ゲヌビとズベン・エス・カマリはてんびん座の皿にあたる部分とも言われています。他にもてんびん座の方向には現代までに発見されている星の中でも最古の恒星であるHD140283も存在しています。

てんびん座を探す方法

てんびん座は夏の星座で南の夜空が最も見つけやすい時期とされています。てんびん座は他の星座に比べて見つけにくい星座と言われていますが、コツとして南の方向にあります。その際に東側にさそり座があり西側にはおとめ座がある所に位置しており、見つけ方としてはさそり座を目印にすると良いとされています。

さそり座は星を繋げるとS字のような形をしており、頭のようになっている部分には1等星のアンタレスがあります。その頭の部分になっている所から西に行くとてんびん座があります。さらにおとめ座の1等星スピカを見つけておくとアンタレスとスピカの間にあることが分かります。

てんびん座とさそり座の関係について

てんびん座は元々さそり座の一部であったと伝えられていて、さそり座を絵に表した時にハサミの部分が現在のてんびん座にあたる部分とされていました。後になっててんびん座として星座の1つなったとされていて、古い星座ではありますが、黄道12星座の中でもてんびん座は比較的新しい星座とも言われています。また、てんびん座の恒星であるズベン・エル・ゲヌビとズベン・エス・カマリはアラビア語で南の爪と北の爪の意味があるので、元々はさそりの爪であったと伝えられています。

てんびん座と神話

てんびん座の由来とされているギリシャ神話やローマ神話があります。てんびん座の元となっているてんびんは正義と天文の女神アストライアが持っていたものとされており、正義を司るアストライアが持っていたものとされています。アストライアはこのてんびんで死者の霊を善悪で計ったり、あるいは正義と邪悪を計ったそうです。アストライアは地上で争いが起きているときに正義を人々に説いていきましたが、繰り返される争いや悪行に失望し天に昇り星となり、おとめ座の由来になった説がありますが、てんびん座とも深く関わりがあったとされています。他の説では昼夜の長さを計る為のアイテムであったという説もあります。

占星術でのてんびん座とは

西洋占星術におけるてんびん座の特徴として対人に関わる星座と言われており、人間関係における調和や協調性を重んじていてその為、公平や秩序を重んじる所もあり優れたバランス感覚を持ち合わせていると言われています。一方で決断力が弱かったり、気まぐれな部分がある面も持ち合わせているそうです。また、芸術的な完成を持っている所から芸術やデザイン・美容師などの美的な仕事に向いている傾向があるようです。

西洋占星術  西洋占星術

-惑星と星

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.