西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

惑星と星

ヘラクレス座とはどのような星座

投稿日:2017年3月31日 更新日:

夏の星座ヘラクレス座とは

ヘラクレス座はプトレマイオス48星座の1つで空全体の中で5番目に大きい星座とされています。夏の夜空に見ることができ、比較的大きい星座ではありますが構成されている星は暗めのものが多く全体的に明るめの星座ではないようです。

ヘラクレス座を見つけるには

ヘラクレス座を探す際のコツとして、北斗七星とうしかい座の1等星であるアークトゥルスを目印にすると良いでしょう。北斗七星を見つけたらひしゃくに柄のようになっている先端部分からカーブに沿って下に延ばしていくと明るい星見つけることができます。この明るい星がアークトゥルスで、更に下に沿っていくとひときわ明るい星があります。こと座の恒星であるベガでアークトゥルスとベガに間にHの文字を横にしたような星の並びしたものがヘラクレス座です。

ヘラクレス座を構成する星

ヘラクレス座の恒星としてあるのがヘラクレス座アルファ星のラス・アルゲティとベータ星のコルネフォルスです。ラス・アルゲティは3等星でアラビア語でひざまずく者の頭と言う意味があります。一方でコルネフォルスはギリシャ語でこん棒を担ぐ人という言葉から由来されている固有名です。他にもアラビア語で手首を意味するラムダ星のマシムやオメガ星のラテン語でこん棒という意味から由来されているクヤムなどがあります。

ヘラクレス座に関する星団や星雲

ヘラクレス座には様々な星団や星雲がありますが北半球で最も明るいM13の球状星団があり、この球状星団は別名ヘラクレス座球状星団と呼ばれています。他にもM92の球状星団やNGC6050の渦巻銀河などがあります。

また、膨大な数の銀河からなる壁のようなグレートウォールがあり、ヘラクレス座とかんむり座に位置していることから2013年にヘラクレス座・かんむり座グレートウォールと名付けた構造のものがあります。

ヘラクレス座とギリシャ神話

ヘラクレスは神ゼウスとアルクメネとの間に生まれた子で、ゼウスの妻ヘラはヘラクレスに憎しみを抱くようになります。生まれた後ゼウスはヘラクレスに不死の力を与える為に眠っているヘラの乳を吸わせました。しかし、ヘラクレスの乳を吸う力が強いあまり目が覚めたヘラはヘラクレスを突き放し、さらに恨んだヘラはヘラクレスが眠っている揺りかごに蛇を放った。だが、赤子のヘラクレスはヘラが放った蛇を素手で絞殺し死ぬことはなかった。

成長したヘラクレスはアムトピリュオンから戦車の扱い方を学びアウトリュコスからレスリング・エウリュトスから弓・英雄カストルから武器の扱いを学び賢者ケイロンから武術を教えてもらい、剛勇無双の人物となった。

ヘラクレスは12の冒険などの様々な功業を成し遂げ、カリュドン王の娘ディアネラを妻に迎えたがヘラのヘラクレスへの怒りが収まることはありませんでした。妻を迎えた後、ヘラクレスはネスソスに浮気封じの力があると教えられた衣をディアネラから着せられましたが、この衣には毒の血が浸みこまれたものでこの衣を着たヘラクレスの身体には毒がまわり死期を悟ったヘラクレスは自ら積んだ薪に火を放ち火の中に飛び込み命を絶ちました。ゼウスはヘラクレスの死を悲しみ天に上げて星にしたとされています。

ヘラクレスの12の冒険

ヘラクレスはギリシャ語で神話の中でも有名な英雄で様々な作品にも登場する人物です。星座に関するものとして12の冒険があり、ネメアに生息しているライオンを退治したときのライオンはしし座になり、ヒドラはうみへび座・ヒドラに加勢した化け蟹はかに座になって100の頭を持つ竜ラドンはりゅう座となったとされています。この12の冒険以外にも他にも古代オリンピックの始まりやエジプト攻略・古代都市であるトロイヤ攻略などをしたと言われています。

西洋占星術  西洋占星術

-惑星と星

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.