西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

惑星と星

おとめ座黄道12星座とはどのような星座

投稿日:2017年3月31日 更新日:

おとめ座黄道12星座について

おとめ座は黄道12星座の1つでプトレマイオス48星座の1つでもあります。春から初夏にかけて輝いており、確認されている全星座の中でも2番目に広い星座でラテン語で穀物という意味を持っています。

おとめ座の恒星とスピカ

星関連でスピカという名前を聞いたことがある人もいらっしゃるかと思います。スピカはおとめ座の恒星で最も明るくアルファ星の1等星で、毎年春に青白く輝く恒星です。スピカの名前は古代ローマ時代にギリシャ語で穂先を意味する言葉から由来されたと言われています。スピカ以外にもおとめ座にはベータ星のザヴィヤヴァ・ガンマ星のポリマやイプシロン星のヴィンデミアトリックスなどの恒星が存在しています。

おとめ座を観測する方法

おとめ座を観測する方法として北の空で観測できる北斗七星を探します。北斗七星を見つけることができたらひしゃくのようになっている柄のようになっている部分を起点にしてカーブに沿うようにしていくとオレンジ色のような星があります。この星はうしかい座の恒星でアルクトゥルスと呼ばれている星です。アルクトゥルスからさらにカーブに沿っていくと青白く明るい星にたどり着きます。この星がおとめ座の恒星スピカでスピカからY字の要領で星を繋げていくとおとめ座を見ることができます。

おとめ座には銀河団がある

おとめ座にはおとめ座銀河団と呼ばれる天体があり、1781年にフランスの天文学者によって発見されました。おとめ座の銀河としてM84にはレンズ状銀河や、M49には楕円銀河などがあります。

実はこのおとめ座の銀河団には一部、とあることの構成に関わっているものがあり、M88・M84・NGC4477・4473・4438・4461・4458・4438・4435を繋げると銀河の線状になります。この線状になったものが滑らかな孤を描いた曲線状に見えることから、マルカリアンの鎖あるいはマルカリアンの銀河鎖と呼ばれています。マルカリアンはアメリカの宇宙物理学者の名前から由来されました。

おとめ座と古代の神話

おとめ座に関連した神話がいくつかあり、その1つに女神アストライアの話があります。その昔、豊かな恵みをもたらしていた時代に神と人間が仲良く暮らしていた時があったのですが、時代が変わっていく内に人間が武器を手にしたことによって争い事をするようになりました。地上には悪行は広がり共にくらしていた神々は人間に失望して地上から去っていき、神々が去っていく中で1人地上に残ったのが正義と天文の女神アストライアです。アストライアは人々に正義を訴えましたが争い事が止む気配はなく、失望したアストライアは地上を去り天へ昇っていき星になったと言われています。その後アストライアは星乙女と呼ばれるようになり以降おとめ座になりました。

また、一説によるとアストライアではなく豊穣の女神デメテルや農耕の女神ペルセポネという説もあると言われています。

占星術におけるおとめ座

西洋占星術におけるおとめ座の特徴として知性と感受性があり、秩序を重んじ実務能力に長けているとも言われています。

一方で神経質で繊細な面もあるとされており、その為か非常に几帳面な部分があるとされ、自分にも他人にも厳しく正確な判断ができるが批判的な面もあるとされています。

西洋占星術  西洋占星術

-惑星と星

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.