西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

星座占い

蟹座の恋愛で愛情を深めて充実させるノウハウ【12星座占い・蟹座】

投稿日:2017年3月31日 更新日:

心の動きが大きい

恋愛のように捉えどころがないものに関わりが深い星座占い。そこには、長年信じられてきた知恵が数多くあります。思いもかけないことを教えてくれる心の拠り所となります。12星座占いでは、6月22日から7月22日までに生まれた人が蟹座になります。この星座の人は、感受性に優れて繊細で、人の心の動きをとらえることに長けているとされます。ロマンテイストで傷つきやすい面があり、人と共感しやすく同情心にあふれています。12星座の中で、一番妄想力があるとされます。心配なことがあると、そのイメージが暴走してしまい、過剰に反応してしまうことが考えられます。感情のバランスが崩れると深く落ち込む傾向にあります。それでは、この蟹座の人の恋愛について説明していきます。

蟹座の人の恋愛観

一途な愛情を育み、結婚に結びつく恋愛を好むとされます。愛すべき対象の範囲が狭く、広く浅い恋愛をすることはありません。感受性が豊かで、少々被害妄想気味と言えます。傷つくことを恐れ、接触回数が多く安心できる相手を選ぶことが多いようです。家庭的な面が強く、妻や夫として最良の人物になります。愛する人を守るために、強固な意思を持ち、そうそう簡単には覆さないとされます。保守的な面があり、新しい出会いなどには躊躇し、初対面の相手を厳しく見極めようとしますが、一度認めれば、誠実に守ろうとします。蟹座の女性は、安心感ある性交渉を求めますが、結婚年齢は比較的早めになるようです。また自分が愛する対象がなくなると寂しさを強く感じてしまう傾向にあります。

恋愛に影響する蟹座の人の性格

蟹座の人の性格は、責任感と包容力を強く持つとされます。リーダーとして人を導くことに長けているので、恋愛でもその傾向にあります。理屈が苦手で感受性や直感が鋭く、人見知りをしたり、人に対して人一倍気を遣うようです。気分にムラがあり感情の起伏が激しく、恋愛で思い通りにならないとヒステリックになるとされます。人に対する好き嫌いがハッキリしていて、嫌いな人は自分の領域に入らないようにします。守る相手がいないと探し求め、結婚願望が強く家庭的なのですが、子どもが生まれると子どもに意識が集中するようです。良く言えば世話好きで、悪く言えばお節介焼きになると言えます。

恋愛のチャンスのつかみ方・活かし方

蟹座の人は、元々多くの人と出会おうとはせず、チャンスやタイミングを作るのが苦手とされます。チャンスなどを得るためのきっかけ作りが大切と言えます。人への気遣いなどの細かい感受性を活かすことでチャンスが生まれます。恋愛では、好かれようと努力するほど、チャンスを逃がすことがあるようです。むしろ自然体でいる方がチャンスが活かせるとされます。相手の気持ちを察することは良いのですが、情が通じない場合、苦労させられチャンスを逃がすこともあります。蟹座の人は、どこか可愛らしさがあり、協力が得られやすく、チャンスを手にしたら周りの人と相談すると、より一層大きなもの成果がもたらされるとされます。

まとめ・相手の感情に深入りしないことも大切

感受性に優れ、相手の心の動きを察知でき、愛する対象には、最大限の愛が注げることがわかります。精神が繊細で感受性が強いため、相手の行動などで、不安感を抱きやすく、過剰に反応してしまうこともあるようです。人を引っ張っていく力があり、大切な人を優しく包む気持ちにあふれています。ただ、嫌いな人には冷淡で素っ気なくなります。対人関係の許容範囲を広げると、より多くの人から愛され、大きく飛躍できるかもしれません。また恋愛でその相手が最後の異性となるかどうかを見極めようと、性格や素質をより詳しく知ろうとする傾向にあります。蟹座の人は、相手の感情を推察し過ぎず、相手の気持ちを素直に受け取ることができれば、望む恋愛に導かれるはずです。

西洋占星術  西洋占星術

-星座占い

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.