西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

70億人のホロスコープ

投稿日:

地球上の全員が違うホロスコープを持つ

ホロスコープは古代ギリシャ語「ホロスコポス」が起源です。意味は時の見張り人、時の観測を意味しています。特に出生ホロスコープはネータル・チャートとも呼ばれます。
ホロスコープでは、本人の生まれた瞬間のその土地から見たとき星の配列を表します。その人の性格や人生で何が起きるかが読み取れるとされます。
そこでは天空に散らばる惑星が、地上の地図に記して表現されています。現在、地上には70億人ほどの人類が暮らしていますが、誰一人として、同じホロスコープは持っていません。生まれた土地や時間がそれぞれみんな違うこと、そして惑星の運行速度が微妙に違うためです。つまり、天空の星々はまるで万華鏡のように、一瞬一瞬違う配置になっていて、二度と同じ瞬間はないのです。
西洋占星術の世界では、二度とない星の配列こそが、この世に二人といない人間の個性や運命を生み出していると考えます。
つまるところ、瞬間、星がそういう配列になったために、あなたがこの世に生まれてきたとも言えるのです。

星の配列は人生の指針を示す

ホロスコープで表された星の配列は、その人の人生で、いつ、何が起きるのかを正確に暗示しているとされます。「そういう星の下に生まれた」という表現がありますが、古来より星々の世界は神の世界であり、その影響から人間が逃れられるはずないととらえられていました。
それでは、人の人生は星の影響力から逃れられず、最初から運命が決められているのか、人間は何も決められないのか、ということになります。
星の配列で、ある程度人の運命は決定づけられています。ただ、人生で起きたこと、起きるであろうことを、どうとらえるのかという自由意思、知性や理性を私たちは与えられています。
私たちはホロスコープという羅針盤を持って人生を進んでいきます。そして抜き差しならぬ出来事が起きたとしても、それをどう意味づけるのかは、人間の自由なのです。

人生のいつ起きる?も占える

出生ホロスコープ・ネータル・チャートでは、その人の性格や人生で起こりうることを占えますが、それがいつ起きるかは分かりません。そこで「いつ、どんな形で起きるのか」を調べるのに、「トランシット」や「プログレス」という占星術特有のテクニックが使われます。
トランシットとは、いま天空を運行している星の位置と、生まれた時の星の配置を重ね合わせ、その位置関係から現在起こりそうなことを読み取ろうというものです。
プログレスは一定のルールに従って、ネータル・チャートをダイヤルを回すように、先に進める方法です。進んだ星はプログレスと呼ばれ、生まれた瞬間の位置関係からいつ頃起きるか占います。

誕生日以外でもホロスコープは作れる

ホロスコープは人の誕生の瞬間ばかり作られるものではありません。占星術はもともと個人の運命を占うためにあったのではなく、もっと大きなもの、社会全体や国家の行く末を占うためのものでした。
ですから、大きな人生上のイベント、節目、社会的な出来事、歴史的な出来事においてもホロスコープを作成し、その行く末を占うことができます。具体的には、就職、結婚のタイミング、仕事の大きな契約時なども、その瞬間のホロスコープから、その行く末が読み取れます。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.