西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

2016年の経済は上向く、それとも…?!西洋占星術で調べてみた

投稿日:2016年9月29日 更新日:

2016年の日本経済、不況だという声ばかりが聞こえてきて、目立って景気は良くなさそうですよね。
そんな時は占星術で、ちょっと心配な2016年の経済を占ってみたいと思います。
どのような事が問題になりそうなのかも一緒に読み解いて行きましょう。

外交に問題が?

実は2016年は海外に関する事でブレーキが掛かりやすい星周りとなっています。
日中の関係性も危ういところですし、北方領土問題でロシアとも一触即発なムードですよね。
更には頼みの綱のアメリカは反日色の濃い大統領に変わってしまいそうだし…。
日本が外国から受ける経済的な打撃は、思ったよりも大きいようです。
特に輸出業に関してそれが言えるのではないでしょうか。
TPP問題でも揺れていますので、輸入に頼る日本は諸外国から大きな痛手を受けるかも知れません。

何が流行りそう?

経済、お金を回すのは「流行」だと言っても過言ではないでしょう。
2016年に流行りそうな事を占星術から判断するならば「ハイブリッド」ではないでしょうか。
ハイブリッドとは何か1つではなく、2つの要素を混ぜ合わせたものを言います。
その名の通り、ハイブリッドエコカーは市場で大きく盛り上がりをみせていますし、男性性と女性性を持った中性的なタレントさんも大活躍しています。
良く話題に上るスイーツも、既存の物を掛け合わせて新しいメニューが開発されて大ヒットしているのですから、2016年は単体ではなく何かを融合した商品が流行るのではないでしょうか。

景気は上向く?

2016年はあまり景気が上向かないかも知れません。
個人消費は目立って行われず、外食よりもむしろ自炊というように外でお金を使うという意識が乏しくなりそうな星の配置です。
更には銀行にお金を預けず「たんす預金」をする人も増える傾向にあるようです。
お金自体の巡りが悪く、滞ってしまう状態が続く可能性が高そうです。
外に向けてお金を使う人が減るのですから、星の流れを利用して家族や家庭向けの商品サービスを行えば多少はお金の回りも良くなるのではないでしょうか。
また、新たな業種が増えてきそうですので雇用は今までよりも増えるかもしれません。
年々増えていた若者の失業率は、新たな業種が誕生する事でやや減る傾向がありそうです。

お給料はどうなる?

受け取れる額は若干増える傾向にあるかも知れません。
そしてその増えた分を貯蓄に回すので、生活はあまり変わりませんが預金通帳の残高は少しずつ増えていくかも知れません。
お給料のやりくり上手になることが2016年の個人的な経済状態を回復させる方法であるとも言えます。
お給料の使い道は主に家に関する事になるでしょう。
家族旅行や家族サービス、家のリフォームや改築などといった物に使われやすくなりそうです。
引越しの資金になる人も少なくないかも知れません。

まとめ

2016年の経済を西洋占星術で読んでみました。
経済的にあまり明るくはない印象を受けましたが、個人的に貯蓄をしたり収支のバランスを見直す事で貯金は潤っていきそうです。
また、今までにない新たな業種も誕生しそうなので雇用拡大も見込めますよね。
経済的にはまだまだ不透明な部分が多そうですが、自分に出来る事をしっかりとやって行くのが一番の近道なのではないでしょうか。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.