西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

2016年あなたの恋愛運を大胆予測!その方法とは?

投稿日:2016年9月29日 更新日:

2016年がどんな年になるのか気になりますよね。
特に、2016年の自分の恋愛運がどうなるか知りたくありませんか?
今回は、占星術を使って2016年の恋愛運が良いのか悪いのかをダブルチャートのホロスコープを使って調べてみたいと思います。

ホロスコープを出す

まず、無料のホロスコープ作成サイトなどで自分のホロスコープを出します。
出生時間が解かる人は入力をしますが、解からない場合はお昼の12時と入力しておきましょう。
今回はダブルチャートを作成しますので、もう片方には現在の日付と時間を入力しましょう。
これで、今現在あなたがどのような恋愛運なのかを知る事が出来ますし、今後どのようにすれば恋愛運が上がるのか解かるようになりました。

金星を探す

まず、2016年の恋愛運を知るために外側にあるチャートから、「金星」を探してみましょう。
金星は愛と美の象徴なので、金星があるハウスに関わる場所で、相手から行為を寄せられやすいと言われています。

火星を探す

今度は外側のチャートから「火星」を探してみましょう。
火星は外に向かう力が強いので、火星のあるハウスに関わる場所で、あなたの方が惹かれる相手に出会う可能性があります。

ハウスと場所

ハウスとは、ホロスコープを12分割したものを指しています。
1から12まであるハウスは、それぞれに違う意味が割り振られています。

1ハウス…自分

2ハウス…飲食関係

3ハウス…教育施設

4ハウス…家に関わる事

5ハウス…趣味

6ハウス…職場

7ハウス…結婚式場

8ハウス…過去からの縁

9ハウス…古風 年配

10ハウス…外国

11ハウス…仲間

12ハウス…秘密、非公開

例として、自分の1ハウスに金星が入っている場合は「自分」に興味が向いているので恋愛モードではなさそうです。
5ハウスに金星が入っていたら趣味のサークルで気になる人が見つかったり、7ハウスなら友達の結婚式の2次会で素敵な人と出会う可能性が高いと言えます。
火星の場合は、6ハウスならば職場で好みの異性と出会うと読めますし、9ハウスならば自分より年上の人に興味を持つと解釈が出来ます。
それぞれハウスが示している場所がありますので、自分の金星と火星がどのハウスにあるのかを調べてみましょう。

アスペクトを見る

占星術の角度には、0度、60度、90度、120度、180度の5種類があります。
吉角と呼ばれるのは60度と120度で、凶角と呼ばれるのは90度と180度です。
0度は吉凶混合の特殊な角度と言われています。
では、自分の太陽と外側の金星がどの角度を形成しているか見てみましょう。
もし、吉角を成しているならハウスで調べた場所で出会った人との関係は長く続きます。
ですが、凶角の場合は知り合ったとしても長く続く関係は築けないようです。
自分の金星と運行中の外側の金星がアスペクトを形成していない場合は、恋愛の時期ではないと判断出来るのでハウスで調べた場所で知り合う人は友人程度に留まってしまうでしょう。

まとめ

運行中の金星と火星を使った2016年の恋愛傾向は如何だったでしょうか。
自分の太陽と金星が角度を取っていなくても、金星は徐々に動いていますので「モテ期」と呼ばれる恋愛運が向上する時は近付いています。
その時までに自分磨きをしてみるのも良いかも知れません。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.