西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

赤い火の星である「火星」の特徴から火星と12星座との関係性をご紹介!

投稿日:2016年10月8日 更新日:

西洋占星術における10惑星は、太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星です。今回は、その中の火星にスポットを当ててみたいと思います。

火星の特徴

最もよく表している火星の特徴は、この火星のマークそのものが、♂のマークで示すように男性牲を象徴しています。ギリシャの神話でもローマの神話でも闘いの神が関わるくらいなので、男性的な特徴が強いです。冒険心が強く、行動的、情熱的でもあります。衝動的で破壊的である面もあり、じっとしてることが苦手な忍耐力に欠けるところもあります。

赤い火の星の名の如く、エネルギーに満ち溢れて、正義感も強く持っています。なので曲がったことに対して憤慨しやすい特徴もあります。2番じゃダメなんですか、ではないですが、一番にこだわります。リーダーとして良き働き手になりたいという思いが強いのです。

火星の役割

そこで人生を考える時の火星の役割を見てまいります。人生においては、決して良いことばかりはありません。「水戸黄門」さまの人生楽ありゃ、苦もあるさ♪のように時に、辛く、苦しい時期が訪れるものです。その時に火星は立ち向かう勇気を授けてくれるのです。天体の中でパイオニアという役目もあるごとく、自ら切り開いていく力を与えてくれます。

恋愛に関してもその情熱的な力を発揮してくれます。火星の力がなければ恋愛も始まらないと言っても過言でないのです。全てのエネルギーの源とも言えますね。

火星星座

では、火星星座と言われる12星座と火星の関係を見てまいります。

牡羊座は、勝負にこだわる、火の性質を強く受け継いでいるタイプです。負けず嫌いで闘争心剥き出しなのが特徴です。

牡牛座は、形のある、目に見えるもの、事柄に情熱を注ぐタイプです。安全・安定を臨みますので、不安定さや確かでない話は不安が増長してしまいます。なので、投資話は考えられません。

双子座は、流動的な動きを求めるタイプです。新しいことに興味を持ち、そうして得た情報を広めることに情熱を注ぎます。

蟹座は、いい環境を作って行こうということに情熱を注ぐタイプです。ですがそれは自分にとっての良い環境で、そうした人たちには優しく、頼られます。それ以外となると途端に冷たい印象を持たれます。

獅子座は、自分を認めてもらいたい、自己表現をしたいという気持ちの強いタイプです。無視されることを極端に嫌います。

乙女座は、きちんと秩序を守って、無駄のない合理性を求めるタイプです。完璧主義なところもあり、何事もスムーズに物事を進めないと済みません。

天秤座は、公明正大を重視するタイプです。平和主義の中に、冷静さや品の良さ、優雅さを維持していきます。

蠍座は、何ものかを支配する支配欲が強いタイプです。人間関係でも独占欲が強いところがあります。秘密主義のところもあり、裏切りは許しません。ですが、目的に向かって確実にコツコツと粘り強く進んでいきます。

射手座は、じっとしていることが耐えられないようなタイプです。放浪癖が見られ、安定は求めていません。学び、冒険を好みます。

山羊座は、社会的に活躍することを求めるタイプです。きちんとした目標を立てることを好みます。

水瓶座は、独立心が旺盛で、他からの権力には反抗するタイプです。自分中心とした自由を求めます。

魚座は、信心深く、最も優しさの溢れるタイプです。相手に対して慈悲愛、保護する心がとても強くあります。

まとめ

火星についていろいろな角度から見てまいりました。火星の意味が少しでもお分かり頂ければ幸せます。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.