西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

西洋占星術のやり方を知り、自分を知ろう

投稿日:

西洋占星術には、太陽占星術という種類があります。いわゆる星占いのことがそれにあたります。太陽占星術は、誕生した時点で、太陽がどの位置にあったのかを基準に占っていきます。西洋占星術で使用するホロスコープは、12の星座と10の惑星を配置した作った図のことで、 地球を中心として、惑星・星座(サイン)・ハウスで構成されています。生年月日・生まれた時間・生まれた場所で詳しいホロスコープを作り、自分をもっと知りましょう。

自分の中にある10の個性を知る

西洋占星術では、それぞれの中に10の個性があると考えられています。地球を中心に考えて、地球上にいる自分の場所から見た10の惑星が、その個性ということです。知性とコミュニケーションの水星、愛と美の金星、火星は闘争心や興奮、拡大や発展の木星、制限と試練の土星、基本となる太陽、月は素の性格を表します。天王星・海王星・冥王星は、周期が長いため同じ世代で感じられます。古いものを変えていく天王星、魅惑と陶酔の海王星、冥王星は破壊と再生を司ります。それぞれの惑星が、どんな時にどうなるかで個性が出てくるのです。

サインで性質を知る

サインとは、一般的によく耳にする星座の事です。星占いに使う星座は、生まれたときに太陽がどの星座の位置にあったかで決まります。惑星がどのサインに入っているかで、惑星自身の性格が変わってきます。色々な星座が関わっている人もいれば、いくつかのサインに集まっている人もいます。

どこで活動するかを教えるハウス

惑星やサインが人生に与えている、具体的で詳細な影響がどこに出るかをピンポイントで読み解くことができるのが12のハウスです。1ハウスは外に向けている自分を表します。2ハウスは価値・所有・才能に現れます。3ハウスは、知的活動やコミュニケーション・兄弟姉妹などです。4ハウスは自分が最もくつろげる場所について、5ハウスは趣味・恋愛・自己表現、6ハウスは奉仕、7ハウスは人間関係や結婚についてです。8ハウスは共有、9ハウスは探求、10ハウスは社会的な最終目標、11ハウスは人脈やコミュニティ、12ハウスは潜在意識についてとなります。惑星・サイン・ハウスがわかることで、どの場面でどんな性質が出るかがわかります。

さらに詳しくハウスカスプを見る

特定の位置にあるハウスカスプは、重要な意味を持っています。第1ハウスカスプ で、出生時にこの位置にあったサイン(星座)をアセンダントと呼びます。アセンダントは、表向きのキャラクターや容貌・体質などを表します。他人から見た印象やイメージということになります。DSC(デセンダント)は第7ハウスカスプで、出生時にこの位置にあったサインです。デセンダントは、自分に足りないものを意味しています。配偶者や仕事のパートナーとして、この位置に太陽またはアセンダントを持つ人を選ぶと、バランスが良くなります。ただし、お互いに自分の得意な物が不足している相手のため、自己中心的になっていると、相手を軽く見る傾向があります。自分に足りないものを持った大切な人だと尊敬ができるからこそ、パートナーの存在を活かすことができるということを忘れずに過ごしましょう。MCは、第10ハウスカスプのことで、到達できる最も高い位置を意味しています。社会的な地位や生涯の目標であったり、名誉についての到達点と言えるでしょう。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.