西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

西洋占星術における12星座のアセンダントの特徴を一挙にご紹介します!

投稿日:2016年9月20日 更新日:

アセンダントとは

アセンダント(東の地平線)とは、一体何ものでしょうか。西洋占星術において、なくてはならないものであり、始まりの場所、起点を意味します。そして、東の地平線ということで、日の出の方を指します。具体的に書きますと、ハウス(活動場所)という12の分野がありますが、その第1ハウスと第12ハウスとの境界線がアセンダントということです。つまり人生においての誕生に相当します。また、生まれ持った気質や性格などを表します。英語表記では、Ascendantとなり、略しましてAscとなっています。

アセンダント星座を調べるには

アセンダント星座は、ネットにて簡単に調べることが出来ます。ホロスコープを作成するサイトにアクセスをして、自分のアセンダント星座を調べてみましょう。アセンダント星座には、生年月日はもちろん、出生時間と出生地が必要です。詳しい西洋占星術の場合、この出生時間がカギとなる訳ですが、日にちまではわかっても時間までは・・・と思われる方も多いと思います。これを機会に一度、自分は誕生日の日の何時に生まれたのかを調べてみてはいかがでしょうか。このアセンダント星座は、出生時間を入力しなければ始まりませんので、よろしくお願いしますね。

12星座の特徴一覧

・牡羊座(3月21日~4月20日生まれ)

人に流されにくく、「こうだ」という明確な意思がある。一人でのびのびしたい自由人タイプ。本音と建て前を使い分ける人は嫌いで、素直な人を好みます。

・牡牛座(4月21日~5月20日生まれ)

コツコツタイプで、冒険はしません。現状維持をはかり、変化を起こすことが苦手。物に対してや動物・ペットに対して強い愛着を持っている。

・双子座(5月21日~6月21日生まれ)

好奇心旺盛で、新しいものを求めて行くタイプ。重い責任を負わされることが苦手ですが、よっぽどのことがない限り良い人間関係は築いていける。

・蟹座(6月22日~7月23日生まれ)

ここでワンポイントの注意点。自分の持っている手帳によれば蟹座は7月22日までとなっています。この微妙な誕生日の方はその都度気を付けて見て下さいね。さて、特徴は人見知りでお人よしさんです。少し気分屋のところもあり、浮き沈みが激しいタイプ。

・獅子座(7月24日~8月23日生まれ)

正義感がとても強く、曲がったことが大嫌いタイプ。責任感が強く、人望が厚い。

・乙女座(8月24日~9月23日生まれ)

何事もサクサクとこなすことが出来るタイプ。気が利く特徴を持って、面倒見が良いです。

・天秤座(9月24日~10月23日生まれ)

1人よりは信頼の出来る複数人で物事を進める方が得意な自然派タイプ。

・蠍座(10月24日~11月22日生まれ)

辛抱強さ、忍耐力を兼ね備え、秘密主義なところのあるタイプ。普段は大人しいのに何かあると大胆になる。

・射手座(11月23日~12月22日生まれ)

良いと思うと止まらない、猪突猛進タイプ。理想に向かって走ります。

・山羊座(12月23日~1月20日生まれ)

慎重タイプで考え方がお堅いところがある。自分の範疇で判断をしてしまう。

・水瓶座(1月21日~2月19日生まれ)

冷静な判断が出来て、輝く個性を保つことが出来るタイプ。自分と人とをはっきりと分けている。

・魚座(2月20日~3月20日生まれ)

直感を大事にするタイプ。許容力があり人に優しいので、他人への悪意とは無縁。

まとめ

アセンダントというあまり聞き慣れない言葉ですが、占いが好きという方は興味津々ではないでしょうか。中々と1つ1つを紐解いて見ますと、新たな発見があり面白いですよ。皆さまはどのように思われましたか?

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.