西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

西洋占星術における太陽や月など、10惑星の基礎知識を知ろう!

投稿日:2016年2月2日 更新日:

西洋占星術では星を読み解くということが、最重要課題となります。星座、ハウスなど基礎となる占星術用語はいろいろありますが、今回は10惑星である太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星のそれぞれの基礎知識となる特徴、関わる星座を読み解いてまいりましょう。

太陽

それぞれの惑星はどのような作用をもたらすのでしょうか。先ずは太陽(獅子座)です。太陽は生きるエネルギーを表しています。生命力や活力、輝くような光溢れる象徴ですね。なので健康にも作用します。また、自我や男性という象徴でもあります。

太陽とは対照的に女性的なものを表しています。月(蟹座)は三日月、半月、新月など形を変えていくということで、移ろいやすい心の象徴となっています。女性を考えると月に関連することは多いですよね。出産にも潮の満ち引きとも言われますが、月の存在が大きく影響しています。感受性や内面、女性の健康に深く関わっています。

水星

水星(双子座・乙女座)は、知識や情報を表しています。月以外の惑星とすると、意外ですが水星は一番早く動いています。日常生活をしていく上で、重要な情報収集、コミュニケーションなどを意味する惑星です。

金星

金星(牡牛座・天秤座)は、ヴィーナスという名の通り、愛情や美しさ、母性の象徴です。女性の魅力を引き出す作用が見られるのですが、このことは次の火星と対照的と言えます。女性として理想的な美の惑星です。

火星

火星(牡羊座)は、闘争力、行動力の象徴です。男性そのものを表しており、この惑星の働きによって意志の強さ、責任感の強さ、父性などを表します。また、この力が弱いと災害、戦争と言った悪い面も見られます。

木星

木星(射手座)は、拡大、発展、成功を象徴しています。精神性に深く影響を持つので、宗教や信仰心というものにも関わってきます。木星という大きな惑星そのもののような特徴ですね。

土星

土星(山羊座)は、規則や限界、不運や孤独という凶星とされています。輪を持っている神秘的な形状ですが、意味合いはあまり良い印象は持ちません。忍耐力や努力を要する惑星のようです。

天王星

天王星(水瓶座)は、突発的な変化、革命を象徴しています。ということで、個人に影響を与えることにより、新しいことを発見する、オリジナル性の確立に繋がります。占いや心霊などの神秘的な世界の意味合いも持ちます。

海王星

海王星(魚座)は、言葉では表現できないような、目に見えない、現実的でない、曖昧さを象徴しています。ポセイドンのイメージからすると確固たる力を感じるのですがそれとは異なるようです。ですが、個人に強く影響しますと穏やかさや思いやりという面もあります。

冥王星

最後の冥王星(蠍座)は、生と死、始めと終わり、再生などを象徴しています。消滅の反面、再生され発展を含んでいますので、背中合わせのような意味合いがありますね。潜在能力を強く感じる惑星です。

まとめ

10惑星に影響している星座を思う時、なるほどなと納得するところがあります。私たち人間は、宇宙のエネルギー、星のエネルギーの影響を受けながら、生活しているんですよね。大いなる力、全ての「もの」に感謝して、力強く生きてまいりましょう。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.