西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

西洋占星術で相性がわかる

投稿日:2017年7月5日 更新日:

いつのころからか、雑誌・TVなど、どんな媒体にも占いが必ずと言っていいほど組み込まれています。占いといえば、星占いと言われる「西洋占星術」がほとんどで、自分の星座を知らない人はほとんどいないのではないでしょうか。楽しく見ることができる星占いから一歩進み、さらに深い部分がわかる「西洋占星術」。「西洋占星術」を詳しく知ることで、性格はもちろん相性なども調べることができます。

西洋占星術はホロスコープで決まる

皆さんが知っている星占い。もともと占星術は「ある瞬間の星の配置が、その時に地球上で起きた出来事や、その時生まれた人に対して何らかの影響を与えている」という考え方がもとになっているそうです。占いで使用する12星座は、誕生日から割り出すので、すぐに確認することができます。しかし、詳しく調べていくためには、生まれた日時・場所から見て、どの位置にどの星があったかという「ホロスコープ」を作る事が必要です。太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星などの惑星の位置が、「ハウス」という地球上でいる位置を基準に12のブロックに分けた場所のどこにあったか、ということを示すものが「ホロスコープ」です。ホロスコープはひとりひとり必ず異なりますので、ホロスコープが違えばその方の運命も変わってきます。そのため、占星術的には同じ運命を持つ人というのは、まず存在しないことになります。

占星術で使用されるサインとハウス

一般的にいう牡羊座・牡牛座というような星座は、太陽がどの位置にあったかということで決まります。「サイン」というのは、この〇〇座というものです。このサインがハウスのどこにあったかで、様々なことがわかるようになります。第1ハウスが始まる起点となる境界線(カスプ)をアセンダント(ASC)と呼びますが、そこから12のハウスに分かれています。それぞれのハウスに意味があり、それぞれの意味を持ったサインが、どこに入っているかで解釈をしていくのです。例えば、仕事について見る場合も、その方の性格や目標、得意なこと、人とのかかわり方など一概には言えませんので、様々な部分を見ていく必要があります。

西洋占星術による相性診断

占星術で相性を調べるには、お二人の生年月日・出生時刻・出生地の情報が必要になります。お互いのホロスコープを作成し、惑星と惑星の特定の角度である「アスペクト」を考慮して相性を読み解いていきます。アスペクトの状況によって、相性が良いか悪いかという判断になります。微妙な角度の誤差で相性の善し悪しが変わってきますので、一般的な星座占いだけで判断せず、ホロスコープで確認するのが良いでしょう。では、アスペクトの状態から相性が悪いという判断になったからといって、恋愛や結婚の対象にならないのかというと、そういう訳でもありません。お相手の方との相性の特徴や困難状況を理解して、本気でこの困難を乗り越えるという気持ちがあるかどうかです。西洋占星術によって、お互いの相性の特徴や性格などを知り、理解し、受け入れていくことができるならば、先は見えてくるでしょう。占いは、それだけで判断するのではなく、一つの判断材料・資料として、これからの人生に役立て、使いこなしていくことえおおすすめいたします。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.