西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

結婚の相性は西洋占星術の太陽と月を見てみよう

投稿日:

西洋占星術で相性がわかるのは、金星と火星ですが、恋愛と結婚では違ってきます。運命の人かどうか、ということも気になるところですが、運命についても人それぞれ捉え方が違い、結婚となると、条件が関わってくるのではないでしょうか。性格をはじめとして、恋愛傾向や、自分がパートナーとして関係を持てる相手なのかを、ホロスコープを使って調べてみましょう。

まずは性格を知ろう

結婚は長い間一緒に生活をしていきます。その上で、性格が合うかどうかはとても大切なことです。西洋占星術では、人には様々な性格が混じり合っているととらえています。10の惑星が、12のサイン(星座)の性格と関わり、どのハウスで発揮されるかによって、性格が変わっていきます。細かな内容を知るには、生年月日の他、生まれた時間・場所の情報が必要です。その上で相手の性格を知ることが大切です。

恋愛感情の相性は金星と火星で

恋愛を司っているのは金星と火星です。女性の火星は理想の恋人像を示し、男性の金星が理想の恋人像を示します。このアスペクトが良ければ、出会った瞬間に、第一印象で惹かれあうことが多いようです。女性の金星と男性の火星では、出会いが本物の恋愛になるかどうかを占います。この相性は、出会いの相性よりも影響があらわれるのが遅く、強く継続していきます。金星は、楽しみや好みを表す惑星です。金星どうしのアスペクトが調和していれば、共通の楽しみがたくさんあり、デートも楽しく過ごすことができる相性です。火星は情熱や肉体を示しています。スキンシップや体の相性を見ることができます。この結びつきはとても重要で、相性が悪い場合、性的な欲求を愛情だと勘違いすることもあります。

結婚生活の相性は太陽と月で

太陽は夫で月は妻。その2つの出会いが結婚です。 どんなに恋愛の相性がよくても、太陽と月にアスペクトがないと、結婚には発展するのは難しいものです。お見合いなどの、はじめから結婚を前提としている出会いでは、この結婚の基本相性はとても大切です。太陽は人生の目的を示しています。2人が共通の目的をめざすのは、人生において重要です。太陽どうしのアスペクトは、結婚に限らず大切で、相性がよければ、お互いに理解し合い、長いお付き合いが可能になります。プロポーズの相性は女性の太陽と男性の月で見ていきます。太陽は女性にとっての理想の夫であり、月は男性にとっての理想の妻をあらわしています。お互いが求める理想像がうまく合えば、早く結婚へ進んでいきます。この相性が良い場合、遊びでつきあい始めたとしても、いつか結婚相手として意識していき結婚まで進む可能性は大です。ただし、これは婚約までの相性になります。女性の月と男性の太陽は、夫婦になった場合の相性を見るアスペクトです。アスペクトが良ければ、夫婦が協力して結婚生活を送ることができます。しかし、恋人どうしのころにはそれがわかりにくい相性で、結婚して始めて発揮されてきます。恋愛相性や婚約相性が悪かったとしても、この相性が良ければうまくいきます。そして、生活相性である女性の月と男性の月は、結婚後の相性の鍵を握っています。月は子供の頃から馴染んだ習慣や生活パターンをあらわしていますので、月同士のアスペクトが良ければ、一緒に生活をするのにも最適の組み合わせで、家庭の相性も良いでしょう。この相性が悪い場合、どんなに愛し合っていても、生活をすることは難しいと思われます。逆に、夫婦仲があまりよくない場合でも、相性がよければ家族として暮らしていくことは可能です。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.