西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

神話から知る12星座 牡羊座・牡牛座

投稿日:2017年11月23日 更新日:

12星座の元になった神話

西洋占星術の12星座のサインは、ギリシャ神話と深く結びついて現在の形になっています。その神話の世界は、時にユーモラスに、時に今も私たちの中にある変わらないテーマを示唆している、興味深い世界です。
今回の記事では、それぞれの星座の由来となった神話をご紹介していきます。神話に触れることにより、12星座の性質やエッセンスを、より感じとれる部分があるかもしれません。
最初は、牡羊座・牡牛座の2つの星座の神話について紐解いていきましょう。

牡羊座の神話

古代ギリシャのアマタス王には、プリクソスとヘレという、双子の兄妹がおりました。しかし継母であるイノは、この双子の兄妹の存在を邪魔に思いました。イノは民衆を扇動し、双子の兄妹を生け贄として神に捧げる策略をはかりました。アマタス王も、民衆の勢いを無下にすることはできず、ついには同意していまいます。
そうして兄妹がまさに生け贄にされようとしたその時、突然、一頭の光輝く黄金の牡羊があらわれ、兄妹を背に乗せ走り去ったのです。
この黄金の牡羊こそ、前妻であり兄妹の実母であるネペレが、神々の王ゼウスに頼んで2人を助けるために遣わしたものだったのです。牡羊は勢いよく、2人を乗せて天を走り続け、海を渡りました。しかし、妹のヘレは海を覗き込んだ瞬間にうっかり転落してしまい、そのまま溺れてしまいました。しかしなおも牡羊は走り続け、兄のプリクソスはコルキスまでたどり着き、コルキス王に助けられます。お礼としてプリクソスは牡羊の黄金の羊毛を刈り取り、コルキス王に贈りました。牡羊はゼウスの元へと帰ったのですが、光り輝く黄金の羊毛はこの後様々な人々の手に渡り続けることになり、また沢山の神話を生んだのです。

神話から見える牡羊座の性質

この神話のように牡羊座は、エネルギーと行動力に溢れた性質を持っています。前に前にと進み、神話では妹であるヘレが転落してもそのまま走り続けたエピソードがあるように、たまにおっちょこちょいもありますが、愛嬌として愛されるでしょう。
また、その後も人々に財宝として求められ続けた黄金の羊毛は、光輝くような生命の象徴であるともいえます。そのみずみずしいピュアな性質を持って、人々を引っ張っていく星座です。

牡牛座の神話

あるところに、エウロペというとても美しいニンフがおり、神々の王であるゼウスは恋に落ちます。ある日、エウロペがお供の者と花咲く草原で過ごしていたところ、穏やかで美しい一頭の牡牛があらわれました。牡牛があまりに穏やかなので、エウロペは牡牛に近づき、そっと背に乗ってみました。
その瞬間に、牡牛は目にもとまらぬ勢いで走り出し、エウロペを連れさってしまいました。この牡牛こそ、ゼウスがエウロペに近くためにその姿を変えたものだったのです。事情を明かしたゼウスはエウロペに求婚し、海を渡った2人はクレタ島で結婚しました。

神話から見える牡牛座の性質

この神話のように、牡牛座はたくさんの恵みを享受する人生にあります。
また穏やかそうな牡牛がひとたび動き出すと目にも止まらぬ勢いで走り出したように、牡牛座も、一度行動を移すことに決めると、決して後ろを振り返らず、目標に向かって突き進む力と強さがあります。
自然体でありながら、その優雅さや上品さが、調和をもたらし、周りの人々を心地良いフィーリングにさせるでしょう。
また、エウロペはEurope、ヨーロッパの語源ともなったことが象徴するように、財や富とも縁のある星座です。

12星座を神話から紐解いて

最初である今回は、牡羊座と牡牛座の神話についてご紹介しました。この後も12星座それぞれの神話をたどりながら、そこから読み取れる各星座の性質をご紹介していきます。合わせてご覧いただけると幸いです。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.