西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

神話から知る12星座 双子座・蟹座編

投稿日:2017年11月23日 更新日:

12星座を神話から読み解こう

ギリシャ神話から読み解く12星座のサインの由来と、それぞれの性質についてご紹介するシリーズです。今回は、双子座と蟹座の神話についてご紹介します。

双子座の神話

恋多き神々の王ゼウスが、スパルタの王妃レダに恋をして白鳥の姿となって天から舞い降り、2人は逢瀬をします。その後、レダは卵を2つ産みました。一つの卵からは、人間の兄妹が。そしてもう一つの卵からは、ゼウスの神の力を継いだ兄妹が生まれました。その男児たちこそ、双子座のサインであるカストルとポルックスです。
2人は非常に仲が良く、何をするにも一緒でした。ところがある時いさかいによりカストルは命を落としてしまいます。一緒に戦っていたポルックスは、神の血を引いているので命を落とすことはなかったのですが、ずっと一緒だったカストルの死は耐えきれるものではなく、ひどく嘆き悲しみました。ポルックスはゼウスに頼み、自身の神の血を半分カストルに分け与えることになりました。そうしてカストルは蘇り、2人は半分人間・半分神として、人間界と天界を行ききすることになったのです。

神話から見る双子座の性質

この神話のように、双子座の中には両極に行ったり来たりする振り子のように、めくるめく揺れるように動き続ける性質があります。また、大変仲の良かったカストルとポルックスのように、まるで自身の半身ともいえるように行動やフィーリングを共にできる相手を求める傾向があります。
そして一度2人が死別を経験した辛さがあるように、シリアスな場面にずっといることは苦手で、自分から明るい気分になろうとする面があるでしょう。

蟹座

ゼウスの3番目の正妻であるヘラは、嫉妬深い性格で、ゼウスの浮気にいつも腹を立てていました。また獅子座の章で詳しくお話しますが、ヘラはゼウスと愛人の子であるヘラクレスを罠にかけ、ヘラクレスは罪をおかし、自らの罪滅ぼしのため12の試練に立ち向かうことを決めます。
その試練のうちの一つに、頭が7つある怪物、ヒドラを退治することがありました。ところが首を切っても切ってもヒドラは再生し、一向に倒せる様子がありません。そこでヘラクレスは従兄弟のイオラオスに協力を仰ぎ、とうとう残る頭は1つになりました。ところが、この最後の頭は不死の力を持っており倒せなかったため、ヘラクレスはヒドラを身動きが取れないよう岩で抑えつけておくことにしました。
そこに、突如として一匹の大きな蟹が現れたのです。この蟹はヒドラの友達で、ヒドラの苦しめられる様子を見て、いたたまれなくなってヘラクレスに立ち向かったのです。しかし蟹は、あっさりヘラクレスに踏み潰され、ヘラクレスは次の試練が待つ冒険へと向かいました。蟹を哀れに思ったヘラは星として天にあげ、蟹座となりました。

神話から見る蟹座の性質

蟹座はこのように、自分が大事にしたい、自分が守りたい、と思った対象には、自分がどうなろうとも突き進み、守る覚悟をごく自然に持つことが出来ます。その様は勇敢で健気で、人情深い性質を持っているでしょう。
また、蟹を遣わしたヘラは、言いかえるとユノーという名前になり、ジューンブライドの語源にもなりました。このようにヘラは、女性を象徴するような女神で、その影響を受けている蟹座は、男性であっても女性であっても、ソフトさと繊細な感情を持っているでしょう。

12星座を神話から紐解いて

今回ご紹介した双子座・蟹座の神話からも、それぞれの性質に受け継がれるものがあったでしょうか。他の星座の神話も、合わせてお楽しみいただけると幸いです。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.