西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

目からウロコ! 相性占いは自分でやった方が当たる。そのやり方とは?

投稿日:2016年9月29日 更新日:

相性占いと聞いて、真っ先に思いつくものは何でしょうか?

タロット占い、手相、算命学、四柱推命、色々な占いが思い浮かぶと思います。
今回は相性占いで的中率の高い、西洋占星術を使って相性を占う基本を学びたいと思います。
イメージ的に占星術は難しいと思われがちですが、ちょっとしたポイントさえ掴んでしまえば驚くほど簡単に星を読めるようになります。

まず、ホロスコープを出す

無料の作成サイトなどで自分と相手のホロスコープを出しておきましょう。
この時出すホロスコープは、二重円ではなく一重円で大丈夫です。
また、出生時間が解かっている場合は入力をしますが、解からない場合はお昼12時としておきましょう。

相手と自分の共通点を探す

相性占いで大切なポイントは「共通点」を探すことです。
2つのホロスコープを見比べて、どこか重なる部分はありませんか?
星の場所でも良いですし、区分に示されているエレメントの数でも構いません。
パッと見て、ココが似ていると思えるかどうかが相性占いの第1歩です。

月星座を見て専門的に占ってみる

御互いのホロスコープのビジュアルを確認したら、次は本格的な部分を読み込んで相性占いをしましょう。
まずなんと言っても大切なのは、御互いの気持ちを尊重しあえるかという点だと思います。
相手の身勝手に自分が振り回されてしまう関係は避けたいですよね。
占星術で相性を見る際、とても大切にされているのは「月星座」であると言えます。
自分の月が書かれている外枠に星座が書かれていると思いますが、それがあなたの「月星座」です。
以下、星座ごとの性格を書き出しますので参考にしてみてください

おひつじ座…活発で社交的

おうし座…のんびりしていて変化を嫌う

ふたご座…コミュニケーション能力が高い

かに座…母性に溢れ全てを包み込む

しし座…リーダー気質で仕切り屋

おとめ座…細かい部分に気がつく

てんびん座…平等や公正を強く望む

さそり座…独占欲が強く深い愛情を注ぐ

いて座…自由奔放で束縛を嫌う

やぎ座…相手にも自分にも厳しい

みずがめ座…常識の枠に囚われない

うお座…精神的な繋がりを大切にする

月星座同士の相性

月星座は他人に見せている顔ではなく、プライベートな自分を意味しています。
ですので、自分の月星座と同じか、もしくは受け入れてくれる星座を持っている人との相性が良いと言われています。
仮に、月星座がおうし座の人はおっとりマイペースな人と相性が良いので、おひつじ座のように活動的な人と一緒にいると疲れてしまうかも知れません。
月星座がおとめ座の人は細かい部分に気付けるのですが、いて座は大雑把であまり気を使う事が出来ないので、この相性も良いとは言えないでしょう。
同じ月星座同士、もしくは自分の月星座を受け入れてくれるような星座を相手が持っていれば、その相性は良好だという事になります。

まとめ

「月星座」はあまり耳馴染のない星座かも知れませんが、西洋占星術で相性を読み解く場合は重要な位置づけになっています。
また、相性診断に使うだけではなく、自分が何をしたらリラックス出来るのか、落ち込んだ時にどうやって回復出来るのかも月星座を見ると解かります。
これからは、太陽星座だけではなく、月星座もチェックしてみてくださいね。
また新たな発見があって楽しく占星術に親しめるようになると思います。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.