西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

現代占星術と古典(伝統的)占星術との違いについて

投稿日:

伝統的占星術という呼び方の方がポピュラーかも知れませんが、ここでは古典占星術として表記します。現代と古典ではどのような成り立ちがあって、どのように違うのでしょうか。今回はこの2つを徹底解剖してまいりたいと思います。

現代占星術とは

では先ず、現代占星術とはどういうものなのでしょうか。一般的に知られる太陽を中心として見るホロスコープの読み方のことを言います。太陽が自分と表されています。そこから惑星が星座にどのような影響を与えるかで読み解いていきます。その時の惑星というのが現代と古典との大きな違いとなります。

特に1781年に天王星が発見されたことが大きく関わります。そして、1846年に海王星が、1930年に冥王星が発見されました。冥王星は惑星としてはずれて準惑星となってしまいましたが、古典占星術からの7つの惑星に加えて、10の惑星として冥王星も含まれます。天王星の発見からこれまでの理論を見直すこととなりました。ただ単に運命を占うというものから、人それぞれの内面を表しているのではないかと解釈されました。すなわち、人間は惑星の影響を直に受けているということになります。

ここで重要な人物をご紹介しておきます。それは占星術界では有名なアラン・レオ氏です。この人物は自分流のホロスコープ占星術として、大衆の心をくすぐるような神秘性を織り混ぜながら広めました。ですがあまりの自己流ゆえに賛否両論があります。

古典占星術とは

呼び方の古典というのは伝統的とも言われ、つまりは現代占星術以前の占星術ということで呼ばれていると捉えて下さい。この古典占星術では何を中心に読み解いていくのでしょうか。太陽と限定された惑星ではなく、それぞれの惑星がそれぞれの星座においてどのくらい影響を及ぼしているのか、一番強い影響を受けている惑星は何かということを中心とされています。基本の惑星とは、太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星の7つです。

また、古典占星術は、約3000年の歴史を持ちます。具体的に言えることは、生まれた場所や出生時間を正確に把握することが必要なのです。そこには占星術のこだわりが感じられます。現代占星術では出生時間がわかならければそのままで占いますが、古典占星術では修得されたテクニックによって、出生時間を設定していくことから始まります。この違いも大きいですね。

天王星、海王星、冥王星が増えたことで、より占いの幅が拡がったようにイメージしていましたが、昔からの考え方を思えば基本の7つの惑星で本質を判断出来ていたんですよね。古典占星術の方が現代占星術よりも正しく鑑定できるという説もあります。占星術を勉強する場合は先ず古典占星術から学ばなければならないという説もあるくらいです。この辺の解釈は人それぞれですので、古典占星術の方が全体を把握していく部分が欠けているという、否定的な意見もあるのは事実です。

まとめ

現代占星術と古典占星術について簡潔に記述しましたが、星を読み解いていく際の奥の深さを感じ取って頂けたのではないでしょうか。何の分野でも伝統があって今現代が発展している訳ですので、もっと知りたい方は、古典占星術にも大いに興味を持って学ばれてはいかがでしょうか。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.