西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

西洋占星術でフォボスが示す意味とは?火星の衛星フォボスの役割

投稿日:2017年3月26日 更新日:

フォボスは火星にある2個の衛星のうちのひとつです。天文学者ヨハネス・ケプラーは火星には衛星が2つあることを早いうちから予言していました。それは地球には月という衛星が1つあり、木星には4つあるのならば火星には2個であろうという、当てずっぽうに近いものでしたが、この予言は後の天文学者まで脈々と受け継がれていくことになりました。そしてとうとう1877年の8月に天文学者アサフ・ホールによって、火星を中心に回る2つの衛星が発見されたのです。それがダイモスと、今回の主人公フォボスです。

フォボスの姿

フォボスは火星の第1衛星で、もう片方のダイモスより大きく、火星の内側を公転しています。太陽系の衛星の中では最も親星に近く、火星の表面から6000キロメートル以内を公転しています。平均の直径は22キロメートルで、火星をわずか7時間程で1周します。フォボスを火星から見ると西から昇って東へ沈み、またすぐに昇ります。また、フォブスは大変質量が軽く、内部の密度は低いと考えられています。計算によると最大で30パーセント程が空洞であるらしいとされています。

フォボスの表面

1976年にNASAの探査機がフォボスの画像を地球に送り届けできました。それによるとフォボスの姿は黒っぽくて縦に細長く、表面にはクレーターがいくつも見られました。特に際立っていたのは表面に無数にある溝や縞模様でした。太いものだと幅200メートル、長さ20キロにもなる線が放射状に伸びていたのでした。その多くがどうやらフォボスができた時に付いたらしい、ということです。

フォボスの溝

フォボスの溝はこれまで表面にある巨大なクレーターから放射状に伸びていると考えられていましたが、実際にはそうではなく、衛星の公転方向に合わせてできていることが分かりました。これはつまり、フォボスが宇宙空間でごみをかき分けながら軌道を進む時に、何度となく小天体にぶつかって溝ができたことを意味しています。

フォボスはどうやってできたのか

発見当時は火星の一部がフォボスになったという分裂説が最も支持されていました。しかし、後に表面を分析したところ、フォボスを形作っているものが炭素質コンドライトという素材であることが分かりました。炭素質コンドライトは、火星と木星の間に横たわる小惑星帯と呼ばれるエリアにある、C型小惑星を作る素材と同じものです。これにより、フォボスは小惑星帯から火星の重力によって捕らえられた可能性があるという結論に達しました。しかし、さらにその後の研究により、フォボスがC型小惑星よりもさらに外側にあるD型小惑星に似ているということが分かってきたのです。一説によるとD型小惑星はカイパーベルトからやってきたと言われています。カイパーベルトは太陽系のはるか彼方にある海王星の、さらに外側にあります。もしこの説が正しいとすると、フォボスやダイモスは太陽系の中でもかなり異色の存在であると言えます。そしてさらに最近ではフォブスとダイモスともに火星に衝突した天体が原因で形成された、という説も出ています。

フォボスの未来

ダイモスもフォボスも、火星の力により公転と自転のタイミングが同じであり、火星にいつも同じ面を向けています。遠い将来フォボスは火星に引きつけられ衝突し、そのまま火星の一部となるか、火星を取り囲む環の一部のどちらかになるだろうと考えられています。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.