西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

木星の衛星エウロパにが西洋占星術で示す意味とは?宇宙人はいるの?

投稿日:2017年3月26日 更新日:

木星から2番目に近い衛星エウロパは火山活動で活発に動くイオと、巨大で物静かなガニメデ、カリストの間に挟まれた軌道を周っています。直径3121キロメートルで、月より少し小さなサイズです。1979年にボイジャー探査機が接近するまで、こな衛星のことはほとんど謎に包まれたままでした。

エウロパの姿

1979年にボイジャー1号と2号から送られてきたガニメデの画像はとても不思議なものでした。ぱっと見は白く、つやつやの氷の表面には数多くの筋が縦横無尽に走り、その姿はまるで宇宙に浮かぶマスクメロンのようでした。山や崖、深い溝やクレーターはほとんど無く、表面のなめらかさ、平坦さにかけては太陽系の中でも一、二を争うほどです。このことについて理由を考えた時、エウロパの表面は厚い氷の層で覆われており、それが地すべりや地崩れを起こしながら変形しこのような形になったとされました。

エウロパには海がある?

木星探査機ガリレオは何度もエウロパに接近し、その度に精密な観測、計測を行ってきました。それらのデータはどれも、エウロパの表面を覆う氷の下に海が存在している可能性を強く示していました。その根拠は次のようになります。
・エウロパの自転は内部の個体部分より表面の氷部分のほうが少し速いことが示され、このことは二つの個体の間に液体が存在することが説明できる
・エウロパの表面に見られる特徴的な筋やまだら模様が赤っぽいのはマグネシウムやナトリウムなどの塩類の色であり、氷の下からそれらを含む水(海水)が噴き出したのだと考えられる
・エウロパの氷でできた外側に見られる特徴的な地形の多くが氷の下の流動性の高い物質によって作られたものであると考えられるため
これらの根拠はエウロパに海が存在する可能性を強く指し示すだけでなく、氷の厚さや海の深さも推定されます。これらの数値には諸説ありますが、全般的に見ると、氷の厚さは約5~10キロメートル、水深約50~100キローメトル程と考えられています。

エウロパに生命は存在するのか

エウロパの海が注目を集める理由は、地球以外のどの天体よりも、生命体が多数繁殖できる条件を備えているからです。NASAの報告によると、エウロパの地下には地球の2倍の水分量を有する海があるということです。深さは最大で200キロメートルもあり、海底火山もあると考えられてないます。残念ながら、エウロパの表面は分厚い氷の層で覆われているため、その中を見ることはできませんが、研究チームがハッブル望遠鏡を使って15ヶ月にわたりエウロパを観測したところ、表面から水蒸気が噴出する様子が確認できたと言います。噴き上がる水蒸気の高さは200メートルにもなり、地表に降り注いでいるとのことです。エウロパの海底火山にも地球の深海のように生命体が繁殖している可能性は大いにあり、今後の研究に大きな期待が寄せられています。

エウロパの名前の由来

ギリシャ神話に出てくる、ゼウス神が恋に落ちた王女、エウローペーにちなんでいます。エウローペーの美しさに一目惚れしたゼウス神は彼女を誘惑するために牛の姿になり、エウローペーが背中にまたがるとそのまま連れ去ったということです。連れさる時に駆け回った場所がエウローペー=ヨーロッパになったと言われています。実はガリレオ衛星のエウロパ、イオ、カリスト、ガニメデの4つの衛星のは全て、ゼウス神=ジュピター=木星が愛した人物の名前です。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.