西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

相性の良い男性のタイプは?ホロスコープの太陽の位置で分かる!

投稿日:2017年3月2日 更新日:

太陽は地球の一番近くにある恒星です。恒星とは自分でエネルギーを作り出し光り輝く天体のことです。私たちの住む地球や、すぐ近くにある月は自ら光り輝いてはいませんので、恒星ではなく「惑星」ということになります。みなさんご存知の通り、太陽は地球上全ての生命にとっての源です。

太陽のデータ

太陽は巨大な星です。その大きさは直径約139万キロメートル。地球が大豆の大きさだとすると、太陽はビーチボールぐらいの大きさになります。大きいですね!重さは地球の約33万倍で、8個の惑星を持っています。この8個の惑星というのが、水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星なのです。これら全てを太陽系と呼びます。太陽はその中心であり、大きさも質量も太陽系の中で最大です。

太陽までの距離

地球から太陽までの距離は1億4960万キロメートルです。ちなみに月から地球までは38万4400キロメートルです。月まで3日で行く宇宙ロケットでも、太陽までは3年もかかるんですね。太陽の光はおよそ8分で地球に届きますが、太陽の次に近い恒星(ケンタウルス座のプロキシマ)から光が届くには、4年以上もかかります。

太陽と地球

切っても切れないのが太陽と地球の関係です。太陽は地球にとって、お母さんのような存在なのです。ちょうど小さな子どもがお母さんの手を握って歩いているように、地球は太陽系という家族の一員として太陽の周りを周り続けています。もちろん天体ですから手はありませんが、代わりに「引力」という力で引き合っているのです。

太陽の中身

太陽はガスのかたまりです。ほとんどが水素とヘリウムでできており、中心部ではこの二つの核融合が起こっています。水素とヘリウムが反応すると、とても大きなエネルギーが放出され、そのエネルギーが太陽の表面まで押し上げられ、すさまじい光エネルギーとして放出されるのです。中心核の温度はなんと1500万度にもなると言われています。

太陽の表面

太陽の表面は光球と呼ばれ、私たちが肉眼で目にすることのできる面です。表面温度は5700度あり、ところどころに黒点があります。黒点とは、光球に見られる黒いシミのような現象です。温度が約4100度と周りに比べ低めになっています。黒点は太陽の活動と関係があり、太陽の活動が活発な時に数が増え、形も複雑なものが現れます。

無限の宇宙の中では凡人の太陽

圧倒的なエネルギーで太陽系を支配する太陽ですが、宇宙には太陽のように自ら光を放つ星が無数にあります。巨大な星・太陽も、広大な宇宙の中では数ある恒星の中の一つに過ぎないんですね。

太陽の寿命

太陽は今から46億年前に誕生したと言われています。太陽の寿命は約100億年ぐらいとのことですから、太陽が地球上で光り輝くのはあと50億年ぐらい、ということですね。とりあえず一安心、といったところでしょうか。

西洋占星術における太陽

太陽系の中心で圧倒的な存在感を放つ太陽は、西洋占星術においても重要で中心的な物事を示します。また光り輝く姿から、豪華なものや高価なものを指すこともあります。その人がどんな才能や個性を持っているのか、人生の目的は何かを示し、女性にとっては夫を表します。
人体:心臓、全身など
人物:父親、家長、支配する人物、王、皇帝など
物品:高級品、芸術品、貴重品など
場所:政治的な場所、豪華な建物、贅沢な建築物など

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.