西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

衛星イオが西洋占星術で示す意味とは?幸運の星・木星の衛星イオ

投稿日:2017年3月26日 更新日:

イオは木星の4大衛星のひとつで、3番目に大きな衛星です。直径は3640キロメートルで、イオが木星を回る時間(公転周期)と自転周期は同じで、いつも同じ面が木星に向いています。地球と月と同じです。かの偉大なイタリア人天文学者ガリレオ・ガリレイが17世紀初期に発見した衛星のひとつで、むかしからガリレオ衛星として親しまれてきました。

イオの姿

イオはガリレオ衛星の中で最も木星に近く、イオより外側にある衛星たちとは対照的に、液体の水は存在していません。その代わりにナトリウムがあり、圧倒的に多いのは硫黄でした。目で観測をしても、まだら模様が表面に見られます。赤道付近周辺にある白っぽい帯と、暗い極地帯が特に目立っていて、木星から強力な磁場の影響を受けていることが分かっています。

イオの火山活動

イオの表面の広い範囲では現在も活発な火山活動がひっきりなしに起こっており、イオそのものの形が周期的に歪められています。火山の噴出物は地表から高さ300キロメートルまで立ち上り、秒速1000メートルというすさまじい噴出速度も観測されています。1979年3月にボイジャー1号がイオをクローズアップして撮影した写真には、黄色や茶色、赤や白に彩られた傷や穴だらけの表面が見えましたが、でこぼこしたクレーターはどこにも見当たりませんでした。これは比較的短い周期で繰り返している火山活動が起きるたびにイオの表面が塗り替えられているからだということです。イオの噴出物には亜鉛酸ガスが含まれており、大半がイオの地表に降ってきます。よって、イオの表面は硫黄だらけとなり、地表温度の
差で様々な色が出現するのです。イオの表面が絵の具のように色とりどりなのはこのためなのです。ただ、硫黄は山の地形を形作ることはできません。イオの噴火口の温度は1000度を超えることもあり、硫黄は蒸発してしまうからです。イオの火山地形は岩石が作り上げたものです。

イオの火山たち

イオにはこれまでに100個以上の火山活動が確認されています。イオの火山のひとつ、ロキは太陽系で最も強力な火山であり、なんと地球のすべての火山を合わせた以上の活発な熱を噴出しています。カルデラは約3万平方キロメートルもあり、日本の岩手県と福島県を合わせたくらいもあります。ロキとは北欧神話に出てくる世界を火炎に包んで滅ぼした終末神の名前です。ツバシェタルはイオの北極近くにある活火山で、新しい噴出口が次々と作られています。白、黄色、橙、赤など多彩な美しい色は溶岩の温度を反映しています。プロメテウスは1979年にボイジャー1号によって発見され、それ以降いつも噴火している火山です。噴煙は高さ80キロメートルまで立ち上り、溶岩は100キロメートルも流れました。ところでプロメテウスとはギリシャ神話で人間のために神界から火を盗んだ神の名前です。

イオと木星のオーロラ

木星は強力な電波源でもあります。それは木星に地球より数十倍も強力な磁場があるためです。この磁場がつくる磁気圏の中にイオが公転しています。イオの火山から噴出された物質が木星の電磁波に捕らえられ、木星にオーロラを発生させていると言われています。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.