西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

発見!月の意味や相性にはこの様な意味があった

投稿日:2017年2月14日 更新日:

今回は月の相性についてまとめます。月はよく西洋占星術などで相性占いをする際に、使用されます。月は西洋占星術では、七曜、九曜の1つとし、10天体の1つとされています。また巨蟹宮の支配星で、吉星になります。母親、妻、女性の様な感受性を示しています。そんな月の相性や、占いについてまとめます。月がどの様に相性と関わってくるのか、興味がある方に参考になれば幸いです。

【月について】

最初は月について知っていきましょう。皆さんも月を見てその姿を大きいと感じた事はあると思いますが、太陽系の衛星中で5番目に大きいと言われています。また、明るさの方は地球から見て太陽の次に明るいんです。古くから月と太陽は正反対の関係だったので、太陰、日輪、月輪などとも呼ばれています。また距離でいうと、数多くの太陽系の中では地球に最も近い自然の天体になります。その為アポロ計画が成功したのかもしれませんね。先程明るさについて言いましたが、地球から見える天体の中では太陽の次に明るいと言われています。また色は白色に光っている現象が起きてますが、この現象は太陽光を反射した際に見える現象となります。また月は直径3,474,3kmにもなります。地球と比べた際、月が約4分の1の大きさにもなるんです。普段何気なく月を見ていると、違いが分かりにくく驚く人も多いと思います。これは距離と遠近法などで差がない様に見えます。また月の方が太陽よりも近かった為、人類が月に到着できた理由の1つです。と、こちらが月についてになります。

【西洋占星術】

月について知りましたら、今度は西洋占星術についてまとめます。西洋占星術とは、今尚人気の占い方法の1つなので、知らない方はぜひ目を通して下さい。西洋占星術とは、アラブや西洋諸国などで発達した占いの1つになります。一般的にホロスコープと呼ばれるものを使用して占いが行われます。ホロスコープとは占う対象の生年月日などの情報を使用する事が一般的です。そうして、それらをホロスコープに描き出して占い結果がわかる、簡単な占い方法になります。

【月の相性】

月はよく曖昧な状況や、不安定な心理状況などを表しているといいます。なのでどちらかと言うと、悲観的な考え方で捉えられる事が多くみられます。なので占いで月に関する結果が出たら、今の考え方や方向性を見直して下さい。解釈としては、曖昧。不安。懸念。恐怖。悪寒。幻滅。悲観的。不安定。胸騒ぎ。などの気持ちを表しているとも解釈されます。このとき注意して欲しいのは、占い方法などでいみは変わって来る事もあります。また、こちらの解釈が全てではありませんので、良い結果はプラスに、悪い結果は注意として考えて下さい。

【月の相性まとめ】

いかがでしょうか?西洋占星術で相性を占う際などに月が関わってくるんですね。ほどんどの無料で行える相性占いはでは、お互いの生年月日のみで簡単に診断結果がわかるので、試しやすいですね。恋人や片思いの相手、気になる人の生年月日を入力するだけと言う簡単さもあるので、大人の方ではなくスマートフォンを使用している若い世代にも人気となっているんですね。また今回この記事を読んで相手と自分の相性を占いたい方はぜひ試して見て下さい。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.