西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

形やタロット、様々な点から見た月がもたらす意味について

投稿日:2017年2月14日 更新日:

今回は月について、様々な点から見た意味をまとめます。普段何気なく見ている月にも、このような意味があるのかと興味を持ってくれる方が増えたら幸いです。

【月の呼び名の意味】

皆さんは月と言いますと、満月や三日月型の姿を思い出す事だと思います。この2つの様に月には様々な形があります。また、その形にたは別名やどの様な意味合いがあるのかと言うのも説明がされていますので、月の他の姿と意味について見て見ましょう。

・新月

新月は、朔と書いて朔(ついたち)の呼び名もあります。陰暦では月初めの日をこの様に呼ぶ事があります。

・三日月

皆さんもご存知の様に弓に似ている形の月になります。三日月はこの他にも剣、鎌、櫛、舟、弓という意味も持っています。

・上弦の月

上弦の月とは、月が満ちていく間の半分の月の事を言います。その時形が、弓に似ていることから上弦の月と言われています。また上弦の月とはぎゃくで月が痩せていく間の事を下弦の月と言います。

・十五夜

満月はこの形に近くなります。十五夜は、最も美しい月とされています。月は太陽の間に直線的に並んでいます。仲秋とは陰暦7月~9月のちょうど真ん中のことを指します。しかし十五夜と満月の日は異なってしまう為、十五夜が丸い形をしているとは限らない。また、十五夜は別名、ファーストムーン。ブルームーンなどと呼ばれています。この意味は、めったにない、稀な現象という意味があります。

・十六夜

十六夜の月の意味ではためらう、躊躇するなどの意味があります。何故この意味を持つかと言うと、十六夜は十五夜よりもやや遅れて出てくる事から、このように名づけられました。また月が残りながら夜が明ける現象の事を、有明の月と言います。

と、皆さんがよく知っている三日月や十五夜の他にも月には様々な呼び方、どの様な意味が込められているのかが分かったと思います。月の中でも美しさやなどの順位があるとは驚きでしたね。実際に夜月を比べて見てその違いを確かめてみてはいかがでしょうか?

【タロットでの月】

次は、タロットカードでの月の意味をまとめます。月は、恐れずに自分の道を進みましょう。と言う意味があります。現状を変えてしまうことは大変で、この事が本当に正しいのかわからないまま進む事もあると思います。月明かりでぼんやりとしか照らされていない道も、夜が明けたらハッキリ見えます。なので真実の道へと続く際には、タイミングは届くのですが、そのサインに気付けるかが大事になります。月は星で希望を見出して、太陽の様な明るさに向かうまでの間、希望に対しての不安を表していると意味しているのです。正位置の場合では、先は見えていませんが、現状を変えて進むしかありません。進むべき道は輝いているのですが、見えていない為、逃げているうちにチャンスを逃している恐れもあります。ですので恐怖に気付かない事が成功へ繋がります。逆位置の方は、今進んでいる道は間違ってはいなくて、不安は解消されます。時間の経過とともに真実が見えてくると意味しています。

【月の意味まとめ】

いかがでしょうか?今回は普段何気なくみている月の他の呼び方や、タロットでの意味をまとめましたが、月にその様な意味が込められているとは知らない方も多いのではないでしょうか? 今回まとめたのは、ごく一部なので興味が湧いた方はもっと調べてみてはいかがでしょう。実際に意味を調べてから月を見ると、今まで見てきた月とは違った見方や、発見があります。付きを眺める機会がある方はぜひ試してみて下さい。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.