西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

当たると評判の人気占い師、水晶玉子のオリエンタルタロットに注目!

投稿日:2016年10月1日 更新日:

水晶玉子って何者!?

水晶玉子さんというのをご存知ですか?ネット内の占いの世界では、多くのファンを持つ占いの研究家です。小さい頃から占いに興味を持って、さまざまな占いを研究し、この方独自の占術を確立されたとのことです。その占いを「オリエンタル占星術」と呼び、インド占星術の要素も入っているようですよ。今も不動の人気を誇り、多くの雑誌連載もされています。雑誌をよく見られる方は、水晶玉子と聞いてピンと来られるかも知れません。個人的に全く存知挙げなかったので、ちょっと興味津々です。

オリエンタル占星術について

では、水晶玉子さんが確率したというオリエンタル占星術について見てまいりましょう。オリエンタル占星術はどのような占い方法なのか、イメージとしては運行表をもとにして緻密に紐解いていく方法かなと思い浮かびます。宿曜経という観点からのオリエンタル占星術もあるのですが、今回は水晶玉子さんがアレンジを加えて編み出した、オリエンタルタロットを取り挙げます。

水晶玉子さんの占いは、日にちまで当たるとか、細かいところも的中率が高いとの声が、たくさん掲載されていました。もともとタロット占いというのは、割と的中率の高い占いです。そこにプラスして、水晶玉子さんの努力、研究のもとに世界で1つのタロットカードが出来上がったということで、驚異の的中率と書かれてあるのも頷けます。

オリエンタルタロットについて

では、注目の水晶玉子さんが編み出したオリエンタルトカードについて、詳しく見てまいりましょう。一般のタロットカードでは、大アルカナと呼ばれる22枚の絵カードがあります。こちらのオリジナルタロットカードでは、全部で22枚は同じです。そのカードはAアルカナとBアルカナの2つに分かれています。

Aアルカナは、人に関する絵柄となっています。防人(木)、使者(木)、少女(火)、芸術家(火)、慈母(土)、指導者(土)、闘士(金)、策士(金)、旅人(水)、学者(水)の10枚です。陰陽五行から成り立っており、カッコ内にもありますように、木、火、土、金、水の5つの気のいずれかの性質をこのカードそれぞれが持っています。気というのは、持って生まれた性格や現在の状況、心境などが読み取れます。

Bアルカナは、東洋の占術の考え方がもととなっています。状況を表す12枚のカードから成り立っています。空、分かれ道、夜明け、虹、静寂、陽だまり、嵐、枯渇、一本道、稲妻、到達、炎天の12枚です。なるほど、一般のタロットカードとはまるで違いますね。この順番に1~12までのエネルギー価と呼ばれる数字が表されています。数字が大きいほどパワーが大きいことを示します。大きいから良いことばかり、とも言えないようです。エネルギーが強いゆえに重苦しさなどが出たり、小さい数字だからダメなのかというとそればかりではなく、逆に柔軟性や瞬発力が生まれるということもあるとのことです。

何事も一長一短というのはありますから、そうしたいろいろなことを含めて判断をして、その人に適した結果をアドバイスされるのでしょう。

まとめ

タロット占いに興味のある自分は、とても魅かれるものがありました。皆さまはどのようにお感じになりましたか?ネットでの占いは、本当に大丈夫なのかと疑ってしまいますよね。水晶玉子さんは、現在も人気で雑誌などにも紹介されいるということは確かなのだと思います。口コミでインチキというのはバレますからね。興味を持たれた方は、水晶玉子、オリエンタルタロットで検索されて見て下さい。占いって面白いですよね。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.