西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

惑星太陽について、構造と歴史を振り返ろう!

投稿日:2017年2月10日 更新日:

今回は、太陽の歴史などについてまとめます。普段何気なく目にしている太陽ですが実は私達が知らない様な歴史や発見などがあるので、星や惑星などの天体に興味がある方はこの記事が参考になれば幸いです。

【太陽とは】

まず始めに、太陽について基礎データーをまとめます。太陽とは、銀河系の恒星の一つとして有名です。私達人類が住む地球を含めた、太陽系の中心的存在です。太陽の質量は約99%を占めていて、これは太陽系の全天体に重力の影響を与えているんです。太陽は銀河系の中では主系列星の一つで、スペクトル型は金色になります。推測される年齢は、約46億年になり、この年数は主系列星として存在できる期間の半分を経過しているとも言われています。紹介した様に太陽自体が中心である恒星とされているので、他の惑星系の中心の恒星を太陽と呼ぶ事もあります。

【太陽の構造】

太陽の構造は、太陽はほぼ完全な球体とされています。太陽は他とは違い、地球型惑星や、衛星などの様にはっきりした表面が存在していないんです。構造は、中心核、反射層、対流層、光球、彩層、コロナからなります。また地球周辺から太陽を観察した際、視野角と一致するため、光球を太陽の表面としているんです。今現在はそれより内側については観測する手段はありません。太陽の距離については、半径を太陽の中心から光球までの距離を定義とされています。また、プラズマ化した太陽大気の上層部の方は、太陽重力による束縛が弱い為、惑星間空間に漏れ出しているんです。太陽は、光球より内側が電磁波に対して不透明とされている為、内部を直接垣間見ることは出来ません。と、太陽の主な構造はこの様になっています。ですがこれ以外にも、太陽についての詳しい情報は様々ございます。

【太陽の歴史】

最後に太陽の歴史についてまとめます。太陽とは過去の星間物質から作られた種族Iの星と言われていて、散らばった星間物質が再び集まり形成されて太陽になった。とも言われています。太陽は誕生してきてから現在までに、30%程明るさを増したとされていて、その事は今後も増し続け最終的には現在の二倍ほどの明るさになるとも言われています。太陽は76億年後には、中心の温度は約3億Kにまで上昇し、ヘリウムの燃焼が始まるとされています。最終的に太陽は、今より最大800倍にまで巨大化して、外層は現在の軌道近くにまで達すると言われています。以前は地球も太陽に飲み込まれると言われていたが、惑星の公転軌道が外側に移動するので飲み込まれる心配はないとされている。と、以上が太陽の歴史と今後どうなっていくかのまとめになります。この様に太陽には長い歴史があるぶんだけ、様々は歴史や予測などが立てられています。

【太陽まとめ】

いかがでしょうか?普段何気なく見ている太陽ですが、その歴史や構造などを調べようと考える人は多くないと思われます。太陽が地球に与える影響は、様々ありそれはこれからも増え続ける事になるでしょう。今回天体が好きな方、歴史に興味がある方がこの記事を読んで、参考になれば幸いです。一点注意して欲しいのが、太陽の光には青色日、紫外線、赤外線が含まれている為、直接見る事はやめて下さい。直接見てしまうと、日食網膜症になり、やけどや最悪失明してしまう恐れがあるので、観察はそれ専用のサングラスをかけてから観察をおこなって下さい。観察の後は、必ず数分かけて休息を取って下さい。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.