西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

天球12室に惑星たちがやってくる

投稿日:2017年6月29日 更新日:

惑星はキャラクター、星座は国・文化、ハウスは舞台

西洋占星術を勉強する際、黄道12宮と天球12室、それぞれが象徴するものをすべて憶えるのは大変です。 さらに惑星たちは次々と黄道12宮の星座に入宮し、そのたびに星座の性質を反映するので、より解釈が難しくなります。
このような占星術の世界を分かりやすくとらえるために、黄道12宮は12の国や文化、惑星10個は個性豊かな10人のキャラクター、そして天球12室は、そんな惑星たちを迎え入れる舞台であると例えてみましょう。こうすると占星術の世界も理解しやすくなります。
キャラクターたちは、滞在する国・文化によって衣装や喋る言葉を変え、より「キャラ立ち」して、地上に建てた私たちの12個の部屋(=ハウス)にやってきます。
ハウスでは部屋ごとにテーマが決まっています。役者たちは、テーマに沿った舞台を演じてくれる、というわけです。

ハウスが表すテーマについて

第1室のテーマは「セルフ・イメージ」です。
第1室に惑星が入っていれば、「私はこんな人間です」というテーマの舞台が、惑星を主役として披露されるます。
そして、「自分」の部屋である第1室の対角線上にある第7室では、ずばり「結婚、パートナー」の舞台が披露されます。
第1室で表される自分が"一対一で向かい合う他者"が、向かいの第7室のテーマなのです。

第2室のテーマは、「自分の力で手に入れるもの」「個人的な所有」「自分で稼げるもの」です。そしてその対角線にある第8室では、「相続人、他人のお金、人から与えれられるもの」がテーマとなっています。第2室と第8室は、一言で言うと、双方とも金運を象徴しています。

第3室のテーマは「自己表現の力、基礎的な学習、兄弟姉妹、近所 住んで働く場所」を表します。義務教育やその期間に関するものといったイメージです。
そして向かいの第9室は、第3室と対応しつつ、テーマが広がりを持ちます。「知恵や理解をさらに発展させる場所、大人になってからの学び、親類縁者、遠くへの旅、哲学、信仰」を象徴するハウスとなります。

第4室のテーマは「生まれた場所 最終的に帰っていく場所」です。自分のルーツや存在の基礎、巣穴のようなプライベートな領域、帰着点です。自分の家族や、自分の死もこの4室にあらわれます。
4室の向かいの10室は、4室と対称的に、「社会的な居場所、キャリア、社会的な肩書」となります。

第5室は、12星座で言えば獅子座の位置になります。そのため第5室は、生命の輝きや喜びに満ちたハウスとされています。快楽や幸福、趣味、娯楽、創作活動、またはラブロマンスや子どもを持つことなど、主に個人的な幸福を表します。
その向かいの第11室は、12星座では水瓶座の位置になります。自分を取り巻く人々、自由な人間関係、仲間といったものを象徴します。具体的には、営利目的ではないNPOのような集まりといったイメージです。好きで付き合う友人というよりは、共通の目的を持って結ばれた他人、共通福祉を表しています。

第6室は、12星座で言えば乙女座の位置です。生活のために雇用されること、組織と結びついての勤務、日常の雑用、習慣、そして健康や病気もテーマになります。
向かいの第12室は、12星座では魚座の位置です。抑制、迫害、世間からの隔離、そして救済や精神的救いがテーマとなっています。
6室と12室に共通しているテーマは、人生上のあらゆる煩雑で困難な問題とその解決・克服です。
第6室の「勤務・日常の雑務と病気・治療」、第12室の「迫害・拘束・世の中からの隔離と精神的救済」というふうに、テーマがペアになっていることに注目してください。
第6室と第12室に惑星が集まっているホロスコープを持つ人は、医師、弁護士、政治家など、世の中の困難な問題に取り組む職業に就いていることも多いようです。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.