西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

西洋占星術やタロットカードでも天王星の関わりについて

投稿日:2017年2月17日 更新日:

今回は、西洋占星術やタロットカードなどで使用する天王星の意味などについてまとめます。占い好きの方に参考になれば幸いです。簡単に惑星としての天王星はと言いますと。天王星は太陽に近い方から7番目の惑星として有名です。大きさも大きく地球の約4倍にもなる大きさだと言われています。天王星の名称の由来は、ギリシャ神話における天の神ウーラノスのラテン語形とされています。天王星はメタンを含んでいる為、青く美しい色をしていて、表面もつるりとしている惑星になります。天王星の詳しい観測はと言うと、1986年に天王星探査機ボイジャー2号が初めてです。1977年にうち上げられた探査機ボイジャー2号は、1986年の1月に天王星付近に到着したと言われています。この事により天王星には磁場が存在する事が確認されて、自転軸が傾いている事も分かったのです。

【天王星の意味】

では、西洋占星術やホロスコープでの天王星の意味について知っていきましょう。主に占いでは、基本的な意味は変化。破壊、革命を示す感受点とされています。なぜ感受点としているのかと言いますと、天王星を宇宙と地上を繋ぐ霊的エネルギーなどが特異さが際立つからです。また天王星の特性は、標準的なものから外れた自己主張という点があり、この事から革命や革新、破壊をもたらすと言われています。似た様な惑星で水星がありますが、水星は人生初期の頃の知的能力など知性を示しています。天王星の場合は、経験を重ねて知性が知恵へと発展したものとされています。

【天王星が示すもの】

次に天王星が示しているものを幾つかまとめます。性質については、親しみやすい。魅力的で魅惑的。一点に定まりにくいが、独創的で発明家タイプ。進歩的で革新的。遠慮せずにものを言う為孤立しやすい。強い意志がある。その強い意志で他人を強引に巻き込むこともしばしば。霊関連に強い興味を持つ。独特で、個性的。無作法でわがままな印象を与える事もある。

・人物や職業

発明、科学、天文学、考古学、占星学、哲学などに関わる学者や、これ関係の仕事をしている人。パイロット、カメラマン、放送関係、電波関係、放射関係など技術面の専門家。思想家、革命家、自由主義者。など主にこちらの様な人物が、天王星に当てはまりやすいと言われています。

・天王星のパワーストーン

西洋占星術では天王星に当てはまるパワーストーンも存在するんですよ。そのパワーストーンとは琥珀になります。他の呼び名はアンバー。隣人愛や絆。リラックス効果や穏やかなパワーストーンを意味しています。

【天王星の意味まとめ】

いかがでしょうか?今回は主に西洋占星術などで、使用される天王星の意味をまとめてきましたが、自分が知らなかった意外な意味などを発見したのではないでしょうか?天王星は、ギリシャ神話、ローマ神話共に天空神ウラヌスが当てはめられています。ウラヌスは、母なる神として有名な地母神ガイアの息子ですが、婚姻しタイタン12神を産んだ神々の祖となっているんです。この様にギリシャ神話などで天王星の歴史を読むのもオススメですので、興味がある方はぜひ調べて見て下さい。今回この記事を読んで、天王星についてもっと知りたいと思う方が増えたら幸いです。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.