西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

これで解決!天文暦の基礎知識から、現在での状況について

投稿日:2017年2月19日 更新日:

皆さんは天文暦についてはどのくらい知っていますか?天文暦は、天体暦とも呼ばれていて、人工天体や、太陽、月、衛生、惑星、恒星などの天体の運行位置や、軌道。その他に、天体の出没や、日食、月食などの天象などを推算し、その予報を書き下した情報になります。その際に別名暦、軌道暦とも呼ばれています。天文暦は、今現在基本暦は天体の運動方程式を積分して得られる天体の幾何学的な位置を扱っています。その際、視天体暦は基本暦を基にして座標変換や惑星光行差などの補正をして得られる天体の視位置を扱っているんです。そんな天文暦について計算など、少々変わった点についてまとめていきたいと思います。

【天文暦の計算】

次に天文暦の計算についてまとめます。天文暦の計算では、太陽系内の天体の位置のさまざまな観測データをベースとしています。その際、力学的な理論予測などが、それに適合するようにして構築されているのです。その様な構成によって、天文暦の計算では天体の位置予測だけではなく、理論のパラメータとなる惑星の質量、天文単位の大きさなどの天文定数を同時に決定しているんです。そうしてそれらが、今の情報源になっています。最近ではレーダーによる惑星の距離測定。惑星探査機との交信データの利用などので発達しています。なので天文暦の精度はますます精緻なものとなっているんです。

【最近の天文暦】

では、最近の天文暦の計算はどの様になっているのかまとめます。
最近の天文暦では、コンピューターの発達などにより、数値積分による、大規模な計算も出来るようになったのです。その為数値的な天文暦が主流となっています。特に惑星探査機の運用に必要とされていた為、今現在の様な数値的暦はアメリカとロシアにおいて精密なものが作られるようになっているんです。また他の計算では、天文暦の専門機関によって人工天体や、人工衛星の軌道を予め、または事後推算する事もあります。GPS衛星自身も測位計算において、予め必要な推算の天文暦の情報を送信信号に乗せて放送しているんです。その後推算の天文暦として、長期間に適用が出来るものも合わせて放送しているんです。こちらは仕様書ではオールマナックなどの呼ばれ方をされています。

【天文暦まとめ】

いかがでしょうか?今回は天文暦について、基本情報や少々変わった計算方法などをまとめましたが、天文暦に興味がある方にとって参考になりましたでしょうか?宇宙の惑星や天体に興味がある方や、勉強したい方にとって少しでも役に立てば幸いです。天文歴や、宇宙には私達の知らないことがまだまだたくさんあり、今尚様々機関で研究が続けられています。そんな長い歴史に興味がある方は天文暦について調べてみてはいかがでしょうか?また、天文暦は西洋占星術などにも使用されていますので、幅広い点で関わりを持っているのです。今回ご紹介した天文歴については、ごく一部の紹介ですが、図書館や、インターネットなどで更に詳しく天文暦についてまとめられています。天文暦の本と聞くと一見複雑で難しいのではと思う方もいらっしゃると思いますが、初心者向けの簡単な表現でまとめられている本もあり、安心して読めるのでオススメです。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.