西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

プロ並みの相性占いは知識がなくてもすぐに出来るって本当?

投稿日:2016年9月29日 更新日:

相手との相性を簡単に知る事が出来たら嬉しいですよね。
今回は、無料でホロスコープを作成出来るサイトでホロスコープを作成して自分と相手との相性を見てみたいと思います。

ホロスコープを出す

占星術の知識が無くても、ホロスコープを出す事は出来ます。
まず、無料ホロスコープ作成サイトに飛んで、自分と相手の生年月日を入力します。
出生時間を入力する場所がありますが、解かる場合は入力をして、不明な場合は昼の12時としておけば大丈夫です。
これで、自分と相手のホロスコープを用意する事が出来ました。

属性で相性を知る

まず、円の中に書いてある星を読む前にやっておくべき事があります。
星が書いてある円の外側に、属性やエレメントといった記載があると思います。
まずは「属性」に注目しましょう。
占星術の属性は「活動」「固定」「柔軟」の3つがあります。
このうちどの比率が高いかをチェックしましょう。

自分の属性と、相手の属性の高い場所が同じならば相性は良いと言えます。
ですが、「活動」と「固定」の組み合わせ、「固定」と「柔軟」の組み合わせは相性が悪いと言われています。
解かりやすく言うと、同じ属性同士は考え方が同じなのでぶつかり合う事はすくなくて済みます。
また、動きたい欲求の強い「活動」と、現状維持が基本の「固定」はお互いの考え方が根本的に合わないので相性が悪いと言えます。
同じように、大きく変わりたくない「固定」に対して、様々な形を取りたい「柔軟」は、方向性がかみ合わないのでこちらも相性は良くないようです。
最後に「柔軟」と「活動」の関係性ですが、この2つは動くという点では同じなので途中までは良いのですが、ヒートアップしてくると両方が折れないので最終的に喧嘩別れをし易くなります。
3属性の割合で、自分と相手が持つ思考のバランスを知る事が出来ます。

エレメントで相性を見る

次に、エレメントがありますが、これは世界を構築している4元素で表してあります。
「火」は行動力に溢れ、「地」は現実的で、「風」は社交性が高く、「水」は情緒豊かとされています。
このエレメントの多い、少ないも相性を知る上で大切な要素となります。
イメージをし易いと思うのですが、火は水を掛けると消えてしまうし、水は風でカラカラに乾いてしまいますよね。
4元素にも相性があり、互いに影響を与える関係を「相克」と呼びます。
「火」と相性が良いのは「風」、「地」と相性が良いのは「水」、「風」と相性が良いのは「火」、「水」と相性が良いのは「土」となります。
逆に「火」と相性が悪いのは「水」「地」、「地」と相性が悪いのは「火」「風」、「風」と相性が悪いのは「地」「水」「水」と相性が悪いのは「火」「土」となります。
お互いの属性が何処に集中しているかで、その人との相性を見る事が出来ます。
もし、属性もエレメントも偏りなくバランスが取れている場合は、どのようなタイプの人であっても受け入れられる許容範囲の広い人だと判断できます。

まとめ

ホロスコープを使えば、簡単に相性診断をする事が出来ますね。
この方法は異性に限らず、友達や同僚、誰にでも使える方法ですので、相性が気になる人のホロスコープと自分のホロスコープを作成して診断してみてください。
きっと、面白い発見があると思います。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.