西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

個性を決定する三要素 アセンダントと太陽と月

投稿日:2017年6月29日 更新日:

アセンダントは外見に影響を与える

人が生まれた瞬間、東の太陽が昇ってくる地点を起点として黄道を12ブロックに分けたものが天球12室です。
それぞれの室の境界線は、カスプと呼ばれます。出生ホロスコープの場合、定められた天球12室は動かず、黄道12宮がその外周を移動していくようなイメージとなります。
人が誕生した瞬間、天球12室の出発点と、その出発点である東の地平線から今まさに昇ってこようとしている星座はアセンダントと呼ばれます。星座は特に上昇宮と呼ばれます。
(占星術の教科書によっては、「上昇点」をアセンダントと言ったり、「上昇宮」をアセンダントと言ったりします。一般には、生まれた瞬間、地平線を昇ってくる星座のことをアセンダントと呼ぶことが多いようです)
上昇宮はその人の外見的イメージに強い影響力を持つとされています。
地球は自転していますから、上昇宮も2時間おきにかわります。占星術的には、生年月日が同じでも時刻が違うと上昇宮が違ってくるので、見た目の印象が変わるのです。
見た目や外見は霊魂がまとう衣服のようなもので、星が定めた人生を生きるために、人間は一番適した肉体を持って生まれてくるとされています。
西洋占星術では牡牛座から魚座まで、上昇宮別に12タイプに外見的特徴や個人的習慣・傾向が分類されています。12星座中、天秤座の上昇宮がもっとも美しい容姿に恵まれ、水瓶座の上昇宮がもっとも理知的に整った容姿を持つとされています。

太陽は真の自我をあらわす

占星術では、本人が生まれた時、太陽が入っている星座を特に重視します。太陽が入っている星座は特に「サン・サイン」と呼ばれます。雑誌やテレビなどで一般的に知られている星占いの「何座生まれ…」というのは、このサン・サインのことを指しています。
太陽は地上に光と熱を惜しみなく降り注ぐもの、生命を育むのはもちろんのこと、神羅万象の根源ともいうべき存在です
生まれた時の太陽の星座は、心の奥の真の姿、本人の精神、基本的な性格を象徴します。
心の奥深くに住まう、本当の自分を象徴するのが、占星術では太陽ということになります。

月は対人関係、情緒的な側面をあらわす

月の公転周期は女性の生理周期に近いと言われるように、生物の生殖とも深く結びついているとされています。
人間においては、心情や情緒に大きな影響を与えるのが月です。
対人関係や人生における様々な情況での心理的反応全般を支配し、本人の人格形成に大きな影響を与えます。太陽と同じで、誕生時、月が入っている星座は「ムーン・サイン」と呼ばれます。
月は、太陽よりかなり強く精神的特質を与えるとされるので、ムーン・サインが象徴する性格傾向の方が、現実の生活の中でははっきりあらわれる場合も多いようです。また、本人が無意識のうちに惹きつけられるものや嗜好性にも関係していると言われます。
ホロスコープを見るとき、サン・サインだけではなく、ぜひムーン・サインにも注目してみてください。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.