西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

ホロスコープのオポジションとは?12星座に見る6組のオポジションもご紹介!

投稿日:2016年10月1日 更新日:

西洋占星術のさまざまな用語の中で、今回はオポジションをピックアップしてご紹介したいと思います。

オジションとは

オポジション(oppsition)のもともとの意味は、反対、対抗です。さて、このオポジションを説明する時には、先ずアスペクトのお話をしなければなりません。アスペクトとは天体の星同士が形成する角度のことです。その角度には90°や120°などがあるのですが、その中で180°の角度をオポジションと言います。これは正反対の位置にいることを表します。星座においても同様のことが言えます。牡羊座と天秤座、牡牛座と蠍座、双子座と射手座、蟹座と山羊座、獅子座と水瓶座、乙女座と魚座ということになります。

オポジションの特徴

オポジションは正反対の位置にあるということで、その星と星との関係性はあまり良くないのかなと想像がつきますよね。その通りで関係性が良いように見えて何だかうまくいかないような、もどかしい関係です。では性格的に真逆なのかと言いますと、そうでもなく似て比なるものという感じでしょうか。

お互いが向き合っていける関係という事で、最強のパワーを持つとも言われています。例えば、24時間マラソンというのがありますが、ランナーのタレントさん、ぴったりと補助の役目をする助走者、または、舞台で言えば舞台役者とお客さんという関係ですね。意識し合うけれども緊張感を持っているという訳です。自分のことを考えるとき、ちょっとまた余談となっていまいますが、干支の中でこの真反対の位置にある関係性は、やはり緊張状態の関係という気がするんですよね。干支も12ですから、丁度6組の関係性が出来上がります。皆さまはご自分の周りを考えますと、いかがでしょうか。

では次に、先ほども挙げました星座での6組のオポジションを詳しく見てまいりましょう。

牡羊座と天秤座

バランス感覚からすると、やはり真逆というべき2星座です。牡羊座は自分でしたい派ですが、天秤座は皆でしたい派ということで、天秤座はバランス感覚に優れていますから、牡羊座のあまりに動きのない状態に腹立たしく思うことも・・・。お互いに悪い所が気になってしまう反面で、自分が持っていない部分を補える関係とも言えます。

牡牛座と蠍座

2星座とも頑固さが見られます。ですが、その内容が牡牛座は物や状態など、目に見えるものに対してなのですが、蠍座は目に見えないもの、心や価値観などが対象となっています。前向きな牡牛座に対して後ろ向きな蠍座と、お互いが考えさせられる関係と言えます。

獅子座と射手座

実用的な知識を大事にする双子座と見た目が実用的でないようなもの、抽象的なものを大事にする射手座です。ここまで3組見てまいりましたが、見事に真逆と言えますね。哲学的なことで侃々諤々したいという射手座に対して、そうした争いは避けたがる双子座です。ですが、相反すると思えても認めあうということがあるのがこの2星座です。

蟹座と山羊座

こちらはこの星座の名前の生物に呼応しています。蟹は横に歩きます。なので皆で横並びになることが好きで、山羊は縦に行列を組みます。きちんとした目標に向かって邁進します。蟹座と山羊座の方の性質はその通りとなっています。また、お互いに攻撃的な部分も見られます。ですが、お互いに何かを成し遂げるためにはそうした両面が必要となるのです。

獅子座と水瓶座

獅子座は人とは違う、ということを好む星座で、水瓶座公平さを求めて特に人との違いは気になりません。今を大事にする獅子座と未来を考える水瓶座、こちらも相反しますがお互いを補える関係と言えますね。

乙女座と魚座

乙女座は、分析型、自分に厳しいところがあって人にも同様の感情があります。魚座は人に対しても優しく、協調性がありさまざまなことに共感します。どちらも必要な要素ですので、やっぱり反発するようで認めあう関係と言えます。

まとめ

恋人同士でも真逆だからこそ魅かれるということもあります。オポジションのことが少しでもお分かり頂けましたら幸せます。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.