西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

トランジットの定義やまとめ、天文学からみた点について

投稿日:2017年2月19日 更新日:

今回はトランジットについてまとめます。皆さんはトランジットという言葉を聞いた事がありますか?トランジットとは、様々な言葉の意味が存在します。今回は天体などに使われるトランジットについて通過がどの様なものなのか、トランジットの定義とは。など天文学について知りたい方にとってこの記事が参考になれば幸いです。

【天文学について】

まずトランジットをまとめる前に、天文学についてまとめたいと思います。天文学とは、自然科学としては最も早く古代から発達した学問になります。先史時代の文化では、古代エジプトの記念碑、ヌビアのピラミッドの様な天文遺産を残しています。また、この観測はバビロニア、古代ギリシア、古代中国、古代インド、イラン、マヤ文明などで観測が行われました。では、天文学について知りましたので、次はトランジットをまとめます。

【トランジットについて】

トランジット、別名通過は天文学において、2つの意味を持っています。1つ目の意味は、ある特定の地点にいて、観測者からその地点を見た時、天体が別の天体の全面を横切って動いていくように見える天文現象の事を意しています。またこの事は経過とも言います。2つ目の意味については、天体が地球の自転の為、昇ってから沈むまでの間、おおよそ中間付近で、子午線を通過する時に起こる現象の事です。例を挙げますと、太陽は子午線を太陽時の正午に通過します。なぜ子午線通過の観測を行うのかというと、当時は時間を記録する為に子午線通過の観測は非常に重要とされていました。こちらが主にトランジットについてになります。

【トランジットの定義】

トランジットがどの様なものか分かったので、次に定義についてまとめます。トランジットという言葉を示す際は、観測に近い方の天体の見かけの大きさより、遠い方の天体より小さい場合を示しています。この場合近い方の天体の方が大きく見える。遠い方の天体を隠す場合があり、掩蔽と呼ばれています。この他には、天体が別の天体の影に入る現象を食とされます。トランジットの例として挙げられているので、天体上から見た際、天体と太陽の間に別の天体が入り込む場合を、太陽面通過と呼びます。地球の場合あり、太陽面通過は内惑星で、水星と金星が対象になってます。また外側の惑星から見れば、地球そのものが太陽面通過する事もあります。また近年では、太陽系外惑星の発見さにより、それらが主星を通過の発見の可能性への関心が高まっています。その際、オシリスは恒星面を通過するのが発見された初めての惑星になりました。以上でトランジットの定義についてまとめを終わります。

【トランジットまとめ】

今回は、天文学で使用されているトランジットについてまとめました。トランジットがどの様な天文現象を起こすのかや、定義がどの様なものか理解できたと思います。またトランジットの間には、小さい天体の天体面の円周が、大きい天体の天体面の1点に触れる際に4回の接触があると言われています。こんなに接触していたとは思いませんでしたね。この様に天文学には様々な不思議がありますので、興味がある方はこの他にも調べて見て下さいね。今回この記事を読んで天文学に興味を持った方が増えたらと思います。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.