西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

衛星アリエルが西洋占星術で示す意味とは?エレガント度が分かる星

投稿日:2017年3月28日 更新日:

アリエル(英語表記:Uranus Ariel)は、天王星の第1衛星で、天王星の5大衛星(アリエル、ウンブリエル、チタニア、オベロン、ミランダ)のうちのひとつです。5大衛星の中では4番目の大きさで、1851年にイギリスの天文学者、ウィリアム・ラッセルによって発見されました。ラッセルは他にも海王星の衛星トリトン、土星の衛星ヒペリオンを発見しています。直径1100キロメートルと比較的小型で天王星からの距離は約19万キロメートルです。

アリエルの名前

天王星の衛星は全てウィリアム・シェイクスピアまたはアレクサンダー・ポープの作品に出てくる人物にちなんで付けられています。第1衛星から第4衛星までは発見者ウィリアム博士の依頼を受けたジョン・ハーシェルにより命名されました。アリエルは第2衛星のウンブリエルとともにポープの戯曲「髪盗人」に登場する精霊の名前にちなんで付けられました。アリエルの名はシェイクスピアの戯曲「テンペスト」にも登場します。戯曲の中でアリエルは、嵐を起こす大気の妖精として描かれています。魔女に仕えていましたが、使えないということで松の木の裂け目に12年ものあいだ閉じ込められていました。大嵐を起こして船を難波させたり、火の玉に化けて水夫を惑わせたり彼らを魔法で眠らせたりしました。

アリエルの成分

50パーセントは氷、30パーセントはケイ酸塩鉱物、20パーセントは個体のメタンから生成されています。天王星の衛星としては最も高いアルベドを持っています。アルベドとは天体の外部から入ってくる光をどれだけ反射するか、ということです。つまりアリエルは天王星の衛星の中では一番太陽の反射率が高いと言えます。

アリエルの表面

アリエルの表面は比較的新しく、クレーターと深さが10キロメートル以上、長さ何百キロメートルにもおよぶ谷が見られ、その谷はずっと連なっています。途中で見えるいくつかの尾根は、氷が吹き出したものと考えられています。これらの地形は天王星の第3衛星チタニアと似ていますが、アリエルの場合はそれよりももっと大きく、より広い範囲で広がっています。地表を平にしようとする何らかの地殻活動があったのかもしれません。底の部分は比較的なめらかで、大昔にアンモニアやメタンの液体が流れていたのかもしれない、とされています。

アリエルの軌道

アリエルはかつてチタニアと4:1の軌道共鳴の関係にありました。軌道共鳴とは、公転する二つの天体が互いに規則的、周期的に重力で影響を及ぼし合い、公転周期が整数比になる現象のことです。つまり、アリエルが4周公転する間にチタニアが1周公転する、ということです。お互いに長い間影響を与え合うことで、この公転比率に落ち着いたというわけです。

アリエルの地形

アリエルの峡谷には神話の妖精の名前が付けられています。レプラコーン峡谷とスプライト峡谷です。谷やクレーターの大半にも、神話に出てくる妖精にちなんで名前が付けられています。谷にはブラウニー谷、カチナ谷、キューピー谷、コリガン谷、クラ谷、ピクシー谷、シルフ谷などがあります。クレーターにはアーバーン、アガペー、アタクサク、ベファーナ、ベリィルネ、ディヴェ、ドジャデク、ドモヴォーイ、ファンヴィラ、グウィン、ユオン、ライカ、マブ、メリュジーヌ、オーナー、リーマ、ヤングールなどがあります。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.