西洋占星術とは何かを学べるサイトです!

西洋占星術.com

西洋占星術とは

「ガラスの仮面」の北島マヤと速水真澄のような運命の人は存在する!?運命の人の特徴をご紹介!

投稿日:2016年9月29日 更新日:

運命の人とよく耳にしますが、皆さまは本当にいると信じていますか?夢見るようなことを言うと友達から夢見る夢子ね、なんて言われたりしませんか?あら、夢見る夢子は表現が古いかも知れません。ニュアンスは分かって頂けますよね。では、今回は運命の人とはどういう存在なのかなど、紐解いてまいりましょう。

運命の人の特徴

先ず、運命の人というのは自分が自然でいられる人ということです。全く気にすることなく、自分らしく生き生きとしていられるというのが特徴と言えます。恋人同士でいても、常に気を遣ってて何だか疲れるとか、相手の言動に振り回されてしまうとするとそれは運命の人とは言えないかも知れません。時々聞きますよね。ごく普通に自然にお互いが魅かれて、どちらから言うともなく付き合ってたという話を・・・。こうした自然な流れで出会うのが運命の人です。

次に話をする時に、自分の感性とピッタリ合うというのが運命の人です。趣味が同じだったり、価値観が一緒だったり、家庭環境が似てるとか、好き嫌いが一緒とか、何気ないことが同じというのが気持ちが楽なんですよね。落ち着くというのでしょうか。たまに自分と全く反対なんだけど魅かれるということもあります。そういう時って、前世で敵同士だったからなんて聞いたことがありますけど、どうでしょうか。やっぱり共通項が多い方が話も合いますし、一緒にスポーツとか旅行とか、何か行動を一緒に出来るって楽しい子とですよね。

運命の人は、赤い糸で結ばれているという風にも言います。どこにいても、どういう状況でも出会うべくして出会うのが運命の人です。それはまるで糸で結ばれているようにという、この表現は美しいですよね。運命というのは、人間があーしよう、こーしようと決めることが出来ないものです。自分ではどうにも出来ない中で、ビビッと直感でこの人!と思える人は運命の人ですね。そういうドラマのような出会いってしてみたいものですが、現実は厳しいというのが残念です。

もう1つご紹介しますと、何故か偶然に出会うことが多いことです。ご縁の深い人は不思議とよく出会うものです。あの人、どうしてるかなと思ったら、街でバッタリ会ったりというのはよくありますよね。それがそんなに気にならなかった人なのに、何故かあちこちで同じところにいるというのは、これはもう運命の人に間違いありません。

アニメの中の運命の人

このタイトルは何!?という方は多いと思いますが、「ガラスの仮面」をご存知の方はたくさんいらっしゃると思います。そうです。北島まやと速水真澄の2人はそれこそ運命の人ですよね。この場合はやっぱりアニメですので、正反対のように見せて魅かれあうというタイプですね。果たして最終的にどうなるのか、何年も発刊されていないので、「ガラスの仮面」ファンはやきもきしています。戯曲で言えば、「ロミオとジュリエット」ということでしょうか。こちらは悲しい結末でしたが、日々の生活の中でドラマティックな出会いを求めてしまいますよね。若い方々は今からこれからですので、思いを強く持つことで運命を引き寄せることも出来るとも言いますから、どうぞ良き運命の人を手繰り寄せて下さいませね。これは余談でした。

まとめ

運命の人に出会うというのは、そうそうあることではありません。ですが、前触れと言うのを感じることは出来ます。それは環境なり、何かの変化が起こった時です。チャンスはどこにあるのか、人間にはわかりません。もしかしたら絶好のチャンスを逃していることもあるかも知れません。執われ過ぎてもいけませんし、あまりに無関心でも運命の人は寄ってこないとすると難しいものですね。山口百恵さんの「いい日旅立ち」に(例えが古くてすみませんが)、日本のどこかに私を待ってる人がいる♪という歌詞があります。今は日本だけでなく世界かも知れませんね。ステキな運命の人に出会えますよう、お祈りしています。

西洋占星術  西洋占星術

-西洋占星術とは

Copyright© 西洋占星術.com , 2017 AllRights Reserved.